読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よしなしごと

操作不慣れ。気ままに雑記。気ままに放置。

おもしろきこと 11/23 (水)

備忘録 チェンマイ 生業

骨盤を安定させる為に巻く、長い布。
ハーブボールで使うハーブの効用と、塩鍋。
ヨモギ蒸しのようなハーブサウナ・・・

 อยู่ไฟ

「 อยู่ ユー= 居る 」「 ไฟ ファイ= 火

身体を温める産後ケア・ユーファイを習う。

f:id:hariruri:20170121161047j:imagef:id:hariruri:20170121161057j:imagef:id:hariruri:20170121161105j:image

塩鍋が、ユーファイでは最もポピュラーらしい。

f:id:hariruri:20170121161508j:image

※ 塩鍋(ソルトポット)

小さい素焼きの壷に、塩を入れ炭で温める。
広げたコットンにハーブ、水分を含む百合の葉を置き、その上に温めた塩入り壷をセット。
で、しっかりと包み紐で結ぶ。

ソレを身体に充ててゆく。
塩が熱っせられて「くつくつ」する音、ハーブの香り・・・触覚・温覚・嗅覚・聴覚に訴えるカンジ。さば〜い・さば〜い・・・

「鍋」は土から造られる故「地」を意味し、「塩」は「海」から作られる。
タイのジェンダー「天=父」「地=母」「海=子」を表すとの事。

産後は体を温め、ココロとカラダのケアを。

 理にかなってる民間伝承は、説得力があって面白い。
日本の「戌の日」も、そういった意味で興味深い(←因みに先生タイ人ですが、ご存知でした)。
おばあちゃんの知恵袋。

 

「塩鍋」が「母」と「子」の 象意ならば・・・

「お父さんはドコ?」先生に、尋ねてみた。

「お父さんは、お金稼ぎよ〜♪」

なるほど・ガンバレ、お父さん。

あくまで主観 12/12(月)

チネイザン チェンマイ

旧市街からサンサーイのニー先生宅まで、車送迎付き
チネイザン 1時間
合わせて 3000THB

 

柔らく触れる指先。保持。風門を開ける。

微細に伝わる、届く、リリース・・・
痛いのを覚悟していたが、リラックスして受けられるかも。
響き、到達するカンジは、的確。ソフトだが、効いている感・繋がる感覚。心地よい。
これからどう施術されていくのだろう。
自分のカラダの感覚を、しっかり覚えておこう。ワクワクする。
腹部周辺を触り、しばし放置。引き戸を開ける音がした。クンニーは外へ出たようだ。

10〜15分程して、再び施術開始されるも・・・。

施術中、聞かれるのはクンジーの授業料や施術料の事ばかり。
膵臓が良くない」と云われ、着替えが終わったら家の方に来るよう促される。
カーテンを閉める音、クンニーが外へ出て行く気配。ノロノロ起き上がる自分。

・・ぇ〜〜・・・と・・・
「・・・あれ? もう、おしまい??」

以下、あくまで主観である事を記しておく。
物足りない、というか、手を抜かれたような・・・おざなりな感じがした。
もしかすると。カルサイネイザンが入らなかったから、そう感じたのかも知れないけど・・・。
一通り圧し終えて、暫し放置。その放置状態 というのが、とても長く感じた(その間、外へ出て行かれたようだし)。
それも施術の一環なのだろうか。

※「施術後、そのまま寝てるのは良い事なんですよね。良い状態を脳にインプットさせてますから 」

10数年前、X線診断学の外部講師の先生が仰ってらした記憶が脳裏に浮かぶ。

・・・う〜ん、今迄受けた先生方、お腹以外もしっかりと施術してくれてたからなのか、なんとなく・・・ぅ〜ん、釈然としない。

残念な気持ちになったのは、否めない。
期待値が高過ぎたきらいは、確かにある。
去年、姉クンジーの施術を2度受けた。
合わせて6000THB
納得のいく施術内容だった。だから、2度受けたとも云える。

迎えに来てくれたワリーさんの様子から、クンニーの施術を受けに来る外国人は沢山いるのが推察出来る。私もその中の1人。

施術が終わり、お茶を頂く。
テーブルには、クンニーのご家族やアムポンさん達。
良くも悪くも顔に出る質なのか、なんとなく不機嫌そうなクンニー。
クンニーのご家族の方が撮ってくれた、無表情なクンニーと私の2ショット写メ。
うん、疲れてるのだろうか、嫌そうにみえるw


写メを見るとモヤモヤした気持ちが甦りそうなので、その場で削除した。 

いっそ笑う

備忘録 日々徒然

財布が無い
気付いたのは、13日(金)の23:30過ぎ。就寝前。
12日・13日は、財布を使う必要がなく、その為発覚が遅れた模様。

 

長財布には、お札・メイン&サブのクレカ・nanaco・ネット銀行のキャッシュカード。
小銭入れには、小銭・エネオスのクレカ・Tポイント・ポンタ・レシート。
カード入れには、免許証・保険証・診察券・その他ポイントカード等。

無いのは、
・・・30数万の現金入り 長財布。

 小銭入れを見る。
11日(水)16:07某スーパーのレシート。財布を最後に手にした記憶は、コレ。
ギックリ腰の為、外出は病院とスーパーのみ。特定しやすいのは幸いか。
しかし、丸2日。気づくまで、タイムラグあり過ぎ。
かなり焦り凹むも、覆水盆に返らず。
落胆だけしてても始まらない。為すべきことを為せ。

 

まず、明日のやるべき事。

① 明朝、某スーパーへ電話。
② 警察やクレカの会社等への連絡。
こんなトコロか・・・って、コレしか無いぢゃん。

 

続いて、財布が見つからなかった場合のシミュレーション。
只今職場変わり、収入源 は 収入減。
しかも、稼ぎ時の10日間ギックリ腰で休んでしまった。
だがしかし。定期解約すれば、なんとかなる。
・・・よし。切り替え、八割り方完了。

 

今、心配しても何も出来ない。何たって真夜中。
明日朝は、早番私一人。開店準備をせねばならない。
寝よう。

 


14日(土)午前。一人目のお客様施術後、某スーパーへ電話。
「お客様が拾って下さって、コチラでお預かりしました。お財布は交番に届けましたので、警察署の方に問い合わせてみて下さい」
財布の特徴は申し送りしてなかったようだが、金額的におそらく私の財布。

 

二人目のお客様の施術後、警察署へ電話。
某スーパーの話と、自分の財布の特徴を伝える。
が、警察署で対応してくれた方と自分の感性が合わないのだろうか、財布の色などが食い違い
「某スーパーから届けられた財布は、探している(私の)財布では無い」ような口振りをされる。
釈然とはしないが
「平日、警察署会計課で現物確認可能」
と云われたので、来週の休みに行く心算を立てる。

 

残業1時間半。帰宅は20:30頃。
ポストを覗く。
メインクレカのセキュリティセンターから、封書が一通。
「1月12日 クレジットカードの利用を停止致しました。」
拾得物として、警察署に届いている。一時的にでも保持者の手から離れたカードは、セキュリティ上利用停止するとの事。
警察署の連絡先と受理番号等々、それから『財布ごと』と書面には記載されていた。
望んだ情報の全て、確認。
・・・カード会社、頼りになる( ̄O ̄;)
本日、電話対応して下さった警察の方・・・すまん、不信感を拭えない。
名前を伝えたのに、探せなかったのは何故だろうか。教えて、エライヒト。

 

八割り方、諦める方向へ切り替えが出来ていた。その上で、財布が見つかった。なので、かなりなラッキー気分。
金額が4〜5万程減っているが、0と考えてたら御の字だ。
拾ってくれた方に、感謝感謝感謝*・゜゚・*


おとしもの・ひろいものは、警察署 会計課へ。

平日 8:30〜17:15
身分証明書・印鑑(シャチハタ不可)

拾得者謝礼を要求する権利 5%〜20%
今回は、拾得者と某スーパー両方にその権利が派生する(2.5%〜10%づつ)。

 

16日(月) 午前8:50  警察署に電話。
「某スーパーは、謝礼を辞退しました。拾得者は、謝礼を要求しています。」
・・・うん、謝礼1割差し上げる気満々だったのよ、ホント。
「要求しています」←けど、なんか、モヤモヤするのは私だけ(~_~;)?

 

17:15まで間に合うよう、本日早退。
会計課で、確認や書類記入。数日ぶりに戻った財布を手に取る。落とすわ、丸2日忘れるわ、ごめんなさい。
金額を確認すると、やはり五千円札数枚と二万円がない。
対応して下さった方が
「遺失物の届出を作成するので、少々お待ち下さい。」
1/14(土)に電話した際「この電話で、届出作成する」的な事を、云われた気がするのだが・・・14日電話対応の方に やはり、不信感。
最後に、拾って下さった方のお名前・ご連絡先を教えて頂く。
「当人同士の話し合いで、謝礼を決めて下さい」って事みたいだ。

 

警察署の駐車場。
早速、拾って下さった方に電話する。
「見つかって良かったですね」
言葉遣いが丁寧なおじさんだった。
お礼を云い、謝礼を渡したい旨伝えたら
「いやいや、いらないです、本当に」
おじさんは、某スーパー駐車場に落ちていた財布を某スーパーに届けた。
その際、某スーパー側はおじさんの名前や連絡先を控え、財布と共に交番提出。
おじさんと警察署での直接的やり取りは、ない。

「謝礼云々」は、おじさん本人の言かは・・・不明ではなかろうか。そう思い至り、モヤモヤ気分が晴れる(云い方ひとつで印象変わるから、気をつけて欲しいわ)。
「本日、お伺いしたいのですけれど」
おじさんの住まいは、車で10〜15分。
入り組んたトコロにあるらしいので、分かりやすい建物で待ち合わせ。

金額の提示はされてない。
が、30数万は無いものと切り替えた自分。当初予定と変わらず、1割の金額を封筒に入れる。
申し訳なさそうに、受け取られたけれど。
嬉しさと有難さと、ライフスタイルの見直しの切っ掛けにもなったし、おじさんの謝礼固辞に気分良くさせて頂いたし、相応かな。

 

しかし。一昨年といい、去年といい、始まったばかりの今年といい・・・
まぁ、なんつーか、自分でも思っている以上に注意力散漫( ̄Д ̄)
けれど、ラッキーな面もあるからなぁ。
塞翁のお馬さん、糾える縄持ってこいだw

年跨ぎ、一区切り。

備忘録 内つ国 外つ国

 
今回は、ジェイアイ傷害火災保険の【t@biho】に加入。
過去4回三井住友海上【ネットde保険@トラベル】を利用していたのだが、去年と一昨年現地で通院。
そのせいなのか、今回は保険に加入出来ず。

 

帰国【t@biho】へ、問合せ。

電話後、サイトにログイン。
名前住所、紛失した国、日時場所等のフォーマットを埋め、必要書類を確認。

  • 保険金請求書
  • 事故証明書
  • 修理見積書
  • 損害品の写真
  • パスポートのコピー(名前と出入国スタンプのページ)
  • 保険金請求書

 

我が家にプリンターは無いので、netprint アプリをiPhoneにダウンロード。
セブンで、海外保険金請求書をプリントアウトする。
1枚目は、【t@biho】のネット上で、既に入力した名前や住所がプリントされている。
2枚目は、損害品目の詳細を書く欄。これも既に入力済みだ。
項目のひとつに、領収書の有無がある。
損害品の領収書再発行を、購入店舗に依頼せねば。

事故証明書
チェンマイのツーリストポリスで書いてもらった書面。
修理見積書 及び損害品の写真は、物自体手元に無いので、 提出不可能。

パスポートのコピー

保険金請求書プリントアウト時、夫々コピー。
必要書類は、ほぼ揃った。

 

損害品の領収書だけが無い。
領収書の必要性・iPhone5sの購入時期・シリアルナンバーを記し、アップルストアにメールする。
その日の夜、返信有り。
「購入時使用したクレジットカードの、番号確認が必要」

との事で、電話でやり取りしなければならない。
そんな時に限って、タイミングは悪く。
クレジットカードの番号確認は、2日後になってしまった。

iPhone5sの領収書を、メールで送信お願いします」

最後にそう伝え、電話を切った。
・・・。
・・・・・が、数日待ってもメールは来ない。

 

もう待っていられない。

いいや、揃ってるのだけ出しちゃえ。
領収書を除く書面を封書に入れ、80円切手を貼る。
書面不備なら連絡が来るだろう。
翌日ポストを覗くと、10円料金不足で戻ってきていたorz

 

年明けて、1月5日午前。

保険金会社からのメールを受信。やはり、書面不備についてだ。
アップルストアへ、領収書の催促メール送信。
約11時間後。iPhone5sの領収書pdf メールが送られてきた。

・・・2週間、忘れられてたんだろうなぁ(ー ー;)

保険会社へ、損害品の領収書pdf を 添付し、即メール送信。

 

腰の痛みもだいぶ楽になり、ゴロゴロ惰眠貪る本日昼下がり。
保険会社から、メール受信。
保険対象になるとの事。
iPhone5sの購入金額に満たないが、iPhoneSE購入額と相殺出来た。
半ば、下りないだろうと踏んでいただけに この僥倖。有難し。

 

・・・本当は、保険使わない状況が望ましいんだけどね( -_-)

予約日 12/12(月)

外つ国 チェンマイ

夕方16:00ターペー門のスタバで、待ち合わせ。
ニー先生のチネイザンを予約。迎えが来る事になっている。

※ 蛇足だが、ずっと自分は「クンジー先生」「クンニー先生」と呼んでたいたが、「คุณクン=さん」つまり「ジーさん先生」「ニーさん先生」と呼んでたって事だ(^_^;)
今更な、違和感あるので 、以下「クンジー」「クンニー」で統一★


16:00近く。幾度か、クンニーと迎えの方から電話が入る。
少々遅れたが、10分やそこら。全く問題無い。
助手席にファラン女性。施術を終えて街に送って貰ってきたみたい。私と入れ替わり。

運転手さんは คุณวัรี ワリーさん。
陽気な美人さんだ。
ニー先生に師事。何年かロイクロにいたみたい。残念語学力、全て理解出来ず。



クンニー宅兼サロン到着。
サロンの中へ入るよう、促される。
細身の感じ良いおばさまが、ベッドへ誘導。
マッパになりベッドに横たわる。
先程のおばさまが、タオルを掛けてくれた。


17:30頃にはなっていただろうか。
しばらくして、クンニー登場。
少しお喋りして、すぐ施術に入る。
残念ながら、生理3日目。その事を予め伝える。
「チネイザンだけで、カルサイは無しだね」



施術が終わり、クンニーからお茶を勧められる。
お茶飲み干し、若干手持ち無沙汰。
ワリーさんに「お腹空いてる?」と尋ねられ、「少し」と答える。

オムライスが出てきた!!
まさかご飯が出てくるとは思わなかった。美味しい。

クンニーのご主人が作ってくれたらしい。気さくで可愛らしいおじさま。

施術に入る前、ベットの案内をしてくれたおばさまはアーユルヴェーダのドクターとの事。
คุณอัมพร アムポンさん。この方も気さくで優しげな方。アムポンさんの連れ合いのおじさまも優しげな方で果物をたくさん勧めてくれた。
クンニーと3ショット。



ファラン男性が、クンニーの施術を受けてるらしい。
彼の施術が終わったら、旧市街へ送ってくれるとの事。
サロン入り口のテーブルへ移動。
ワリーさんやアムポンさんとお喋り。
時折、ファラン男性の呻き声が聞こえる。

彼の施術が終わり・・・
クンニーの気さくなご家族や、アムポンさん達にご挨拶。
車の後部座席に乗り込み、横になる。
少々、待ち疲れ。
助手席にはファラン男性。先に彼が降り、そのまま旧市街へ。、
運転中も、ワリーさんの電話がよく鳴る。
明日のクンニーの施術予約の電話っぽい。
「朝11:00、迎えに行かなきゃ」
毎日、こんな感じなんだろうなぁ。


ゲストハウスに着いたのは、22:00近く。
午前中から動きまわっていたので、疲れた。
早めに休もう。チェンマイも、あと僅かだ。

4日目

自己管理

なにがって、仕事欠勤。
なにがって、ギックリ腰。

今迄にない静けさで、其れはやってきた。
動作の拍子で、急に痛みが出たのではない。
「水に湿らせた皮紐が、乾いて縮む」
どっかの推理物のトリックに使われてたと思う(気絶させた被害者の首に巻き、死亡推定時刻を偽装するみたいな)。
【魔女の一撃】というよりは、そんな感じの陰険さで じわりじわり痛みが増し数時間後・・・アカン、コリャ 駄目なヤツだ orz

ボディケア携わってるくせに、この体たらく。
仕事出来る状態ではない。しばらく動けない。
稼ぎ時に なんなのさ。ンもぅ。
10日程休む事にした。
鬱々と布団に横たわり、暗い展望に胸が潰れる。
カラダが弱るとココロも弱る。

6年程前、腰椎ヘルニアの診断を受けた。
4年程前、骨密度調べたら平均値以下と云われた。
今日、ようやく病院に行けるまで回復。
いい機会だ。MRIと骨密度検査受診。

正月明け、そして週末。待合室は人に溢れ、椅子に座れない人達も。
「診察は12時過ぎます。外出なさいますか?」
時間まで、車の中で過ごす。

SLRで右脚挙上、制限有り。だが両側とも、痺れは無い。
MRIは、午後3時以降でしか時間が取れなかった。

午後4時半。
MRIの画像をみながら説明される。
「ヘルニアは、完全に無くなってますね」
すごいぞ、人体‼︎ えらいぞ、貪食細胞‼︎
だがしかし。椎間板の変性有り。狭小化ってヤツ?
下部胸椎・下部腰椎の椎間板、なんか黒い。水分スカスカ、所謂老化現象かね。
「遺伝的要因や激しい運動でも、若い時分になる人もいる」
うん、慰めのコトバかなーァ( ̄Д ̄ )
「同年代に比べ、骨密度は平均より高め。若年成人女性と同じ位。」
「このまま維持するよう、食生活運動気をつけて下さいね」
まぢか。スッカスカ かと思ってた。
よし、よし、よしッッ!!


診断等全て終わり、帰宅は午後5時半。
鬱ぎ込んだ気持ちも、多少上向き。

今年の抱負

カラダの機能改善。

削がれる。又は、萎える という表現。

雑感

少々飲み。全然酔わない帰り途。
地下鉄駅から、徒歩約30分。

間もなく、我が住まい。あと10分程か。
防水のコートに、パラパラ音をたて滑りゆく。
雨か、と思う。

街灯の灯りに小止みなく・・・雪、雪、雪、雪の降りつむ

わくわくするのは、なんでだ。
子供の頃、飽かず天を仰いだ。
天降る雪、浮遊感。眩暈。


・・・たかだか5分程で、止んでしまった。
勝手なもので、明日が休みと思うと、興醒めに感じる。

王宮近辺 11/27(日)

外つ国 バンコク

日曜の朝。昨日ガイドさんが「サラリーマンは休みだし王宮は混むだろう」と云っていた。


BTSスクンビット線からシーロム線へ乗り換えて、サートーン船着場を目指す。
そこからチャオプラヤーエクスプレスに乗り、シリラート病院へ行くつもりだった。
その後下りの船に乗り、王宮とワットポー‥の予定。

ツーリストの乗る船よりローカルな船に乗りたくて、ウロウロしてた。
向こう端の船が出る様子。がなりあう大声。焦らずにはいられない。躊躇いつつ、近づいてしまう。
おじさんが私を手招きし、船に乗るよう促す。
自分の行きたい行先を告げると、うんうん頷く。
乗っちゃいました。乗ってから気づいたけど、コレ、チャオプラヤーエクスプレス・オレンジの旗の船じゃない。
船内は、地元の方々ばかり。そして黒い服。自分も、弔意を示し上下黒い服を着用中。
王宮最寄りのターチャン船着場までノンストップだった。
※ 後日、ギアちゃんが弔問用の土日だけと教えてくれた。


人の流れに逆らわず、知らず行列に並ぶ。並んだ先で、パスポートチェック。
え、いつもこんな物々しいの???

それとも、国王陛下ご崩御だから???
お初クルンテープのお登りさん、よく分かりません。
ちょっとオドオド挙動不審。


今回バンコク行きを決めた動機は、2つ。

タイ語を教えてくれた女の子と会う。
② 国王陛下の崩御・・・タイの歴史的出来事を、肌で感じたかった。

弔意を表す事が出来れば、と考えていた。
駄菓子菓子。すごいすごいすごい・・・喪服のタイ人の行列。
何処が最後尾なの?? 果てはあるの???
広い広い広い開けた通り、視線は水平軸に漂う。
遮る物が一切無く、呆れるくらい眩しい日の光。
あっけらかん と、純粋で苛烈。

舐めてた。バンコクの地図、持って来ていません。まぁ、携帯あるからアレですが。
無駄にウロウロ彷徨い、この抜けるような陽光・・・熱中症が怖い。
ボランティアや軍の方々がフリーで、水や食べ物を提供してくれている。
へばりつつ、水をもらい道端に座り込む。

彼方此方のテントに、看護師さんらしき方々が待機してる。
弔問に訪れた人々の数たるや。
此れ等のボランティアは、彼等の為のモノなのだろう と、呆けた頭でぼんやり思う。

名高きワット・プラゲェーオ

・・・を、後にして(←なんなら時間の都合上、割愛しようとしてた)。
タイマッサの総本山、ワット・ポーへ。
流石に此処も観光客でいっぱい。
けど、ワット・プラゲェーオより此方の雰囲気のが好みかも。

今、首からぶら下げているプラリーラー。
如何なる人々の手に渡り如何なる地を巡り、此処に在る。
yokikotokiku.hateblo.jp
チェンマイでチャオしたこのプラクルアン。
ワット・ポーで製作された物だった。
何年に製作されたかは知らねど、里帰りさせてみたかった。
約2年近く経て、プチ念願叶う。
春先京都の藤中将よろしく、乙女趣味発動。

ルーシーダットンの像。
全容なぞ撮れん、涅槃仏46メートル。

・・・熱中症ではないけれど。
かなり体力消耗した気がする。
明日明後日を考え、ホテルへ帰って休む判断に至る。
体力余力を考慮に入れるようなった事に、我ながら「大人になったものよ」( ̄ー ̄ )フッ ・・・なぞと嘯いてみる。


シリラート病院内にあるシーウィー博物館。
予習として、シーウィーを調べたりしてたのだが。
行けず終い。無念。

侵食する恐怖

道具

帰国しての優先順位は、iPhone購入。
クレカの明細、銀行などの収支チェック。
諸々のパスワード変更。
コレが又、えらい時間がかかる。
いつの間にやら、様々なアカウントで受けてるサービス。利便性を代償に差し出す個人情報。
便利だが、この事態、非常に不安。
そして、面倒(−_−;)

怖い。情報の塊。

帰国して、納豆とパックご飯買って食べてから、アップルストア
世間様では、iPhone7ですか。タナチャイもiPhone7だか持ってて、ご機嫌だった気がする。
だが、私はiPhoneSEを購入。


日本で使用しているIIJmioSIMカード持参。セットアップしてもらう。

タイで使っていたのは、TrueMoveの30日間ツーリストSIM。
あと2〜3日で、その期限が切れる筈だ。
海外で紛失したSoftBankiPhone
15時間経過後、利用停止。翌月100万円近くの請求。
・・・ネットで読んで、青褪めた話だ。
今更ながらキャリアではなくて(現地SIMで)、本当に良かったと思う。

購入して1年3ヶ月程度なのに、すぐ熱を持ちバッテリーはすぐ無くなる。100%でも半日も持たない。
ゲームもせず、facebookもほぼログアウトにしてるのに何故だろうか。
常に節電モードで、画面暗い私のiPhone5s
GPSは、当然オフ。紛失した時もオフ故、iPhone探しは不可能。遠隔操作も出来ない。

アップルストアで「iPhoneタイで紛失」を伝える。
インストールしてたパスワードアプリの中に、クレカのCVCや銀行の情報も入れてある。
・・・ものすっっごい、不安。
iPhoneパスコード6桁。100万通りの組み合わせ。
「10回連続入力ミスで、データ消去」の設定、私はしていない。
だが11回目の入力ミスで、itunesに繋がないとデータは復元出来ない。
そして、パスワードアプリ。パスコードは4桁だ。
二重のロックではあるが・・・
不安の中、少しでも安心材料を探す自分。

お店の人の指示に従い、操作する。
アップルIDの変更。
秘密の質問間違えたり、再設定用Gmailのパスワード変更したのを忘れたり、あぁ、もう、グチャグチャ( ;´Д`)
復元作業中、以前使っていたSoftBankのアップルIDが出てきたり、混沌。キャパ越え。

アップルストアの店員さん、親切だった。かなり長い時間、拘束してしまった。
申し訳ない。そして、此処ではもう出来る事もない。
全くの無知とは「“分からない事” すら、分からない」という事。
質問内容をメモして、アップルサポートの電話番号を教えてもらい帰宅する。
いや、ホント、ガジェット、ワケワカランから。

新しい慣れない職場に行きつつ、パスワードやら海外保険の申請書やらセミナー申込やら、数日掛かった。
一息ついたトコロで、アップルサポートへ相談予約。
昨日の夜、電話が来た。
不具合はまだあるが、ゆっくり対処しても差支えはないだろう。
サポートセンターの方も、根気良く疑問に答えてくれた。

今回程、情報漏洩の怖さを身近に感じた事はない。
10日経過した今も、未だ怖い。

 

チェンマイ 後半 雑記

外つ国 チェンマイ

11/30(水)

タナチャイのトコロへ予約を入れに行く。
誰もいない。
隣のテナントに声を掛ける。
お店の女の子が、タナチャイに電話してくれるとの事。
ありがたい。

黄色い花求め、ワロロット。
電話が何度か、鳴っていたようだ。iPhoneはリュックの中。気付かずにいた。

残念語学力たる者、純粋に「言葉のみ」のコミュニケーションは難しい。
要するに、電話、苦手。
だが、そうも云ってられない。花輪購入後、意を決して不在電話に掛けてみる。
タナチャイだった。
もう一つの不在番号は、多分女の子だと思う。

チネイザンの授業スタートの日時を、打ち合わせ。
ワット・ウモーン終了、その翌日12/6 朝11時。
よし。



12/5(月)

昨日、声掛けてきたビムさん。可愛いらしい方だった。今朝、部屋まで私を連れてグーグル翻訳アプリ、教えてくれたりね。親切。

レックさん、あ〜、ほんと、親切な人だったなぁ(´▽` )
表情や行動って、人柄が滲み出んだなぁ、しみじみ。
最後ハグしてお別れ出来て良かった。
今頃の時間は、寝てるんだろうな。
いつまでお寺にいるんだろう。

朝9時頃、スキットさんが迎えに来てくれた。
出家2回してるって云ってた気がする。
オムナモ(お経)を良い声で、唄うように唱える。
大学生の可愛らしいお嬢さんがいて、微笑ましい親バカっぷり(^∇^ )

ゲストハウス着。
思い切って、電話。クンジーのチネイザンのアポを取ろうとしたけど。
・・・都合が付かないようだ。
今年、クンジーには会えない。かなり残念。
妹さんのクンニーの施術予約になった。
去年、本当はクンニーの施術を勉強したかった。
それが予想外にクンジーのレッスンになった経緯がある。
なんというか、まぁ、アレンジメントな感じ。

夕方、朝お寺で別れた日本人女性と待合せDE晩メシ〜る。
・・・SPチキン、閉まってました orz
彼女の知るアムリタガーデンに連れて行ってもらう。
わぁ、小洒落たトコ、初めてきた〜(°Д° )嬉しぃ〜♪
なんか、ホントありがたや ありがたや。



12/7(火)

今回は一度も、サタデーやサンデーマーケットには行ってない。
なので、今日のパレード・・・音楽が聴こえてくるカンジ、久々。
金属の鳴り物鳴らし、ゆったり調の民族音楽
うん、いいね。

宿に帰り、Facebookを開く。
友達がアップしていたyoutubeの動画。
アニメの主題歌なの? カバーされた歌。
原曲は私が十代の頃、聴いたもの。
年取ると感情移入しやすくなるのか、それとも当時の気持ちに還るのか、素直に涙が流れる。
一筋だけ流れ、あと終了。アッサリとした感じ。なのにスッキリw

音を起源とする創造神話があったような。記憶違いかもしれない。世界を震わす楽器があったか・・・。
音楽療法なんてのもある。
歌舞はヒトの深いトコロに、容易く繋がる。



12/8(水)

ぅわ〜・・気が重い。
全然英語ダメダメなのに、ウー先生やオム先生のトコで頑張れたのって、多分スケジュールが、しっかり把握出来てたからなのもある。
コレも日本人気質なのかな。
残りあと1週間。まぢか。後半にこんな重い思いするのって、勿体ない〜( ´Д`)



12/10(金)

ワロロットからの帰り道。
あと5日で此処を去るんだ。
不思議と、泣きだしそうな気分になる。

そこまで執着している街ではない。

なのに、簡単な文字なら読めるようになった。
街の方向も、何となく把握出来るようになった。



12/12(月)

Facebookとても有難い。
ノォイさんとトォムさん。会えなくても、繋がっているだけで安心する。

夜ゲストハウス。ノォイさんの奥さんから、友達申請が来てた。
ノォイさんから家族の話も沢山聞いてたので、承認。
すぐメッセンジャーが入る。
自己紹介と、ご主人のノォイさんが私の事話してた事とか、色々話してくれてる。
ああ、ホント、英語もタイ語も自在だったらいいのにな。



12/13(火)

16:00頃まで、公園にいた。
寝転がってた。此処、ファランとタイ人ばかり寝転んでる気がする。

隣でファラン男性2人とタイ人女性2人位、寝転んでたり。
突然、男性のひとりがパワーヨガ的な。
彼に視線を動かす。
近くに座ってたファラン男性と目が合い、笑顔。
2人でヨガ男性を微笑みながら、見つめる。
な〜んか、良い感じだよなぁ。


12/14(水)

・・・見つからないであろう、iPhone5s
購入して約1年3ヶ月。なんてこった。
でも、ツーリストSIMで不幸中の幸い。

オム先生のチネイザンを受けた後、メシ〜る。
今回のチェンマイで、一番ゴハン食べに来たお店。
お店のおばちゃんにも顔を覚えられた。

ゲストハウスで、オーナー・ヨックさんとそのお母さんとビール飲んだり。
ビール飲んでるのは、私だけだけど。
紛失iPhone5sでの事、すごく気遣ってくれてた。
今、ヨックさんの息子さんが入院している。
わざわざ帰ってきてくれて、話を聞いてくれたり。
ボラれたトゥクトゥクの運転手に対して、怒ってくれたり(⇦「顔、覚えてる!?」とかって)。

最後の夜。
iPhone5sの心配と、帰国後の処理やらで頭抱える。
やる事、あり過ぎ。




12/15(木)

・・・。
スワンナプーム行き、1時間、遅れるって orz

なんなんなんだ。
乗り継ぎにまた ヤキモキしなくちゃならんのかっo(`曲´ )o
まぢで勘弁して頂きたい。
なんなの、あまり飛行機乗らないとゆうのに、何度かヤキモキするシーンに遭遇してる(過去、半日飛行機飛ばなかったり✖︎✖︎)。

スワンナプーム着いて、成田行き。
こちらも遅れて出発との事。
何故なら、チェンマイからの飛行機が遅れたから。

・・・旅慣れてないから、よく分かりません。
コードシェア便ってのは、そうゆう事なの??
ふ〜ん???

飛行機不慣れ。分からない事だらけで、不安がいっぱい。
なので、行きも帰りも時間どおりのフライトに乗りたいざんす( ;´Д`)