読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よしなしごと

いちセラピストの日々徒然

2015.2/2(月)

今、いつものワット・パンオン。
14:00からチネイザンと初カルサイネイザンを受けてきた。
f:id:hariruri:20151207104349j:plain
OMSALAはソンペット市場と同じ通りにある。だが市場とは反対側に位置しているので、静かな場所だ。

もんのすんッッごッく!! …痛かった。
覚悟はしていたけど、カルサイネイザン、悶絶。

チネイザンのベースは同じ。けれど、術者によって各々のテクニックに違いがある。
オム先生のタッチも、ありだ。
痛いと感じるトコロに、いちいちピンポイントで入る。
血管圧迫、一気に流すというのが何度も入る。一回一回が、これまたスゴイ。
それだけに、クライアントの問診が非常に重要になってくる。
高血圧や腹大動脈瘤とか心疾患とか…安全な施術をする為には勉強が必要だ。
解剖学も学生来やってないようなもんだし、しっかり復習しなくちゃならない。

感じるカラダ。施術を受けると、自分の躰を認識出来る。
左下腹部を圧されると、右前脛骨筋、及び右足関節内側に鳥肌立つ感覚。
右下腹部深く差し込まれると、鳩尾及び心臓に。
初カルサイネイザン。鼠径部恥骨周辺までは…なんとか。
会陰部周辺、悶絶。未だかつてない。
「空前」って言葉、この時の為に存在してたのね(≧Д≦ )‼︎
膀胱括約筋やばいやばいやばい∞
(※粗相はしておりません)

私の場合、問題は大概左側に起因する。体幹の筋肉損傷なんかも、左ばっかだし。
背中・腰・下腹部。カルサイネイザンでも、左側をより多く施術された。

月曜から金曜の五日間。AM9:00から、チネイザンⅠの授業が始まったらしい。
つまりは、今日の朝からスタート。。
交渉して、明日からの授業に参加させてもらえることになった。

今回のチェンマイの目的のひとつが、オム先生のチネイザンを習う事。
諦めかけてたけど、よっしゃー‼…って、カンジかな。
f:id:hariruri:20151207104106j:plain