よしなしごと

いちセラピストの日々徒然

RPG สีเหลือง 〜黄の章

10:30ちかく、ゲストハウスを出る。
ソンテウを止め、ワット・ウモーンまで幾らか聞いてみる。
1人か と訊ねられ、1人だ と答える。「100THB」
出掛けに、ゲストハウスのオーナーさんに相場を聞いてた。
少々高いので、見送った。

次のソンテウを止める。
上記やり取り後「50THB」安っ!!即決。
助手席に乗せてもらい、到着地までお喋りだ。
感じのいいおじさんで、見学終わるまで待っててくれるらしい。
多分、このまま観光貸切でもいけちゃうんだろうな。
お言葉に甘え、1時間半程待ってくれるよう頼む。

街から少々離れてるこのお寺、森閑として気持ちがいい。犬や鶏もいてる。洞窟のお寺。来たかったけど、交通に自信なくて去年は来なかった。

自信なきゃ、ツアーとかチェンマイに詳しい日本人とか日本語堪能なタイ人先生とか頼ればいいのに、なんで出来ないんだろ。
効率悪い。が、そこがコミュ障たる所以である。
コップの水が溢れたか、今年は煩悶より行動力が勝る。

ここは瞑想寺としても知られている。

事務所らしきトコロに入る。若いお坊様がいた。
「英語もタイ語も少しだけ。5日間位、大丈夫??」
・・・なんか、大丈夫っぽい。
細かいニュアンスは、相変わらず分からない。が、大丈夫だろう。

時間より早く、ソンテウに戻る。
運転手さんに「明日から5日間此処で、瞑想修行」と話す。
この人柄の良さそうな運転手さんに、明日も迎えに来て貰いたい。
快く、引き受けてくれた。ありがたい。
待ち時間もあったせいか、ゲストハウス付近往復で150THB
・・・少々釈然としないが・・・ま、いっか。


久々のチェンマイ。ソンペット市場トゥンさん、薬局のお姉さん、ワット・クワンカーマーのエーさんに会いに行く。
今日は自転車は借りてない。
彼方此方歩きまわり、少々草臥れゲストハウス着。

明日からネットも繋げず、書く事も話す事も制限される。
今宵の晩餐はチョット奮発しようと思っていた。ビール・ビール・ビール!!

夕飯を食べに行こうとゲストハウスを出る。すぐそこにオーナーさんがいた。
丁度良い。
明日から留守にするので、その旨伝える。
・・・すると。
「『黄色の(小さな)蝋燭』と『黄色のお花』を、持っていかなければならない」
・・・的な事を、助言される。
( ゚д゚)←手ぶらで行こうとしてました。

明日朝に運転手さんと待ち合わせしてるので、今夜中に揃えねばならん。
「ソンペット市場で売ってるから」と、ノートに「花」と「蝋燭」その用途を、タイ語で書いて貰う。
とりあえず、市場に向かう(´Д` )
この時点で17:30近く。食事はお預け。

ソンペット市場、本日2度目。
うむ、習慣の違い、分からん。
時間無いし、トゥンさんに聞いてみよう。
アイテム『黄色の蝋燭
⇒ トゥンさんから、プレゼントされた!

『黄色のお花』は、此処にはない囧rz


サンダルも白っぽいの買うつもりだったので、ソンペット市場近くの靴屋さんへ。
アイテム『サンダル値切りスキル発動。
⇒180THBで、手に入れた!
此処のおじさんに、明日の話をした。
アイテム『お線香9本
⇒おじさんから、プレゼントされた!

『黄色のお花』は、ワロロット市場との情報を貰う。


確かにワロロット、お花沢山売ってた。
けどさ、こんな暗くなってからでもお店開いてるのかしらん。
一抹の不安に、歩き疲れ。
あ。食事時間。すごい賑やか。花屋はどうだ?
アイテム『黄色のお花
⇒20THBで、手に入れた!


ゲストハウスに着いたのは、19:30頃。
明日の持ち物準備をしていたら、オーナーさんから声を掛けられる。
アイテムチェックに来てくれた。
Σ バッチリ OK!!
後で意味を調べてみよう。うん、今はいいや。

・・・結局晩餐は、近場で小さい瓶ビールとタイヌードル。



日本の時差は2時間。
多分、もう日付は12/1 か。こちらは未だ11/30 だ。
今日は父の命日であり、10年働かせてもらった職場テナントが無くなる日でもある。

・・・合掌だな。