よしなしごと

いちセラピストの日々徒然

การทำสมาธิ 娑婆帰還

4泊5日。帰ってきました、苦界へようこそ。
今日が タイの父の日 だった事を失念していました。


12/1 朝、前日ソンテウの運転手さんに送ってもらう。12/5帰りも迎えに来てくれるようお願いする。

瞑想センターの事務所で諸手続きを済ませ、黄色一色を捧げつつお祈り。

私がラッキーだったのは、日本人女性が1人、既に此処にいた事。
彼女がいた事で、4泊5日心安く過ごせたと思う。ありがたやありがたや。
見渡せば、ファランが多かった。このコンプレックス、根強い根深い。

4泊5日。最初は10人前後。
日に日に人の出入りあり。ファランが1人2人抜け、中国人の団体様がいらしたり、タイ人女性達が一気に増えたり。

率先して行動する、熱心なタイ人女性がいた。
初めて会った時、目があって微笑まれた。単純に懐く私。
คุณเล็ก レックさん。
彼女には、とてもとても親切にして頂いた。
最終日お話したคุฌบิม ビムさん。日本に3回行った事があるとの事。
ぶっちゃけ、お坊様よりタイ人女性の方々の親切のが記憶に残ってたりする( ´▽`;)うふふ



ワット・ウモーン内のメディテーションセンター。
一泊 220THB
枕と毛布で 90THB
白い服 購入350THB、レンタル200THB
※ ワット・ドイステープなどでは「寄進」との事。


女性の宿泊施設。壁、いい味出してる。

2階3階が、宿泊部屋。

1階が、タイ語のホール。



朝と夜、1日2回お坊様からの教え有り。
英語とタイ語のホールは、分かれている。
セルフトレーニング時は、どちらを使っても良いらしい。


朝と昼、1日2回のご飯。

食べたら、洗う。当たり前。

予想外に、シャワーとトイレがキレイだった( ´▽`)嬉しい誤算
※ あくまで、私にとっては。

シャワー、ぬる暖かい♪♪♪

ヴィパッサナーの瞑想センター。
「モバイル系禁止。書く事、読む事、話す事、目を合わせる事等禁止」とは、伝聞で。
なので、ある程度覚悟していたが。
・・・うん、他のトコロはいざ知らず・・・此処は ゆるいかも(^_^;)


空港近いがゆえの爆音あり。
想定の範囲内、ヤブ蚊多し。
元気な雄鶏雌鶏。
よく居るワンコ3〜4匹。
サビ子猫1匹。更に小さい黒子猫1匹。
・・・悶え萌(´Д` )


正直、もっと居たかったかなぁ。
けれど、やはり言葉の壁は ブ厚い。
お坊様のお話、理解出来ず。
語学堪能であれば、もっと楽しめたと思う。