読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よしなしごと

操作不慣れ。気ままに雑記。気ままに放置。

ムカついた分以上に、楽しんでやるぜ!

・・・ほらね〜〜?

不安だから、昨日アイリーンにメッセンジャー送って、時間と場所確認しておいたんだけど・・・時間になっても誰もいません。
昨日の段階では、アイリーンとアレックスと待ち合わせしてタナチャイ宅に行く感じだったんだよ。

10分過ぎ、授業は11:00から。
レックスとタナチャイに電話しても出ません。
おそらく、全然英語出来ない私の電話は取りたくないんだろうと思う。ホント、何度も電話した。わりと腹が立つ。
そんな邪推する位のニュアンスだった昨日。
アイリーンにメッセンジャーを送る。
彼女はWiFi環境にないと、連絡が取れない模様。

ソンテウでワロロットまで行く。
アイリーンからメッセンジャーが入ってる。
「其々で、タナチャイのトコロに向かいましょう」と、返信。
この段階で、アレックス&アイリーンは既にソンテウに乗っていると思っていた。

ワロロットからサンサーイ行きの緑のソンテウに乗る。15THB 安いよね。
場所がよく分からないから、運転手の女性に「近くまで来たら、教えて下さい」と頼む。
掛けた電話は取らないし。
タイ人男性の明らさまな贔屓みたいなの見るのも不快だから、今日で授業を終わらせようかと車内で考えていた。

11:20頃、到着。
到着寸前、アイリーンからメッセンジャーが入る。
おはようハグハグ。
何度もこちらに連絡してくれたのは、彼女だけ。
アイリーンは、1人で来たそうだ。
多分私が離れた後、待ち合わせ場所に来たのだろうと思う。
「アレックスは調子悪くて今日は休むって、電話があった 」 と、タナチャイ。
ふ〜ん、アレックスの電話は取ったか。
こちらにはコールバックも無かったし、その話にも触れてこない。
・・・(−_−)
この手のタイプのタイ人男性見るの、3人目。はっきり云って、敬遠するカテゴリ。

英語&タイ語ダメダメな私に、根気良く話してくれる人は限られてくる。
それ故、私に接してくれるファランやタイ人は、とてつもなくイイ人達に限定されてくる(←性別問わず)。

・・・アレ? 逆にイイかもしんない( ´▽`)??


授業料全額払ったのもあるし、あと2回くればいい。
ついでに云うと、こんなイレギュラーのお陰で、自力でサンサーイ方面まで来れたわけだし。
オマケに昨日は、日本アニメのDVDゲット出来たわけだし。

授業終了後、やはりソンテウ捕まりにくい。
帰りはアイリーンと2人、ピローと膝下に置くクッション抱え待ちぼうけ。
15〜20分は待ったかな?
緑のソンテウが停まった。
運転手さんは、なんと朝の女性だった。
向こうも数時間前だから、覚えててくれて笑顔(^∇^)

ワロロット市場から、ソンペット市場へは赤いソンテウに乗る。

「時間ある? じゃあ、17:00に練習しない?」
授業中、アイリーンから誘われた。
あと約2時間半。お腹空いたし、お店で食事。

前半泊まっていたゲストハウスから、程近い。メニューにちょいちょい日本語が。

店先で炭火焼きやら網焼きやらあり、フラフラ入りたくなるお店。

その後、一昨日見つけたお店に。
途中にいたカワイコちゃん。この後、猛ダッシュで逃げられる。

雰囲気良い。
バンガローもあって、一泊200THBって云ってたかな。

寝転びながら、ダラダラ出来る席がある。今日は誰もいないので、陣取る。万歳。

ふぁ〜〜、うめぇ〜〜(´Д` )♪♪♪
珍しく食で贅沢してるよ、私ッッ‼︎‼︎

てか、パンケーキ、うめぇええ〜。
ナッツ入りのスムージー、うめぇぇ〜。
合計 180THB
ぅおおおぉぉおおお 贅沢だっ。


そんなこんなで、16:55頃。ソンペット市場近く、タナチャイの施術所。
アイリーン、今度は時間どおりにいる。
彼女と2人、テキストとビデオを観ながら練習練習。約1時間半。

「明日友達が練習台になってくれるけど、一緒にやらない?」
またもや、お誘い。
明日は、そろそろ別れの挨拶まわりをしようと思っていたので、お断り。
けれど、アイリーン。やっぱ、いい人だ。

1日の締め括り、気分良く終われて良かったなぁ。