読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よしなしごと

いちセラピストの日々徒然

匂草匂鳥の頃思う

昨日の朝、寝床で   ほー ほけきょ
・・・や、春告鳥の鳴くを聴く。
もうそんな季節かと、年々加速度つく時の流れをしみじみ感じ入る。
「ほけきょ=法華経」で、経読鳥との別称もあるようだ。駄洒落た感が微妙で良いと思う。

今朝、久しぶりに実家へ。
花の兄もそろそろ咲く頃合いか。
紅白の蕾は丸く、近いうちその香りを楽しませてくれるだろう。
春の風を見る・春の風を待つ。
風見草・風待草とは、なんとも趣きある別称だ。

 

梅に鶯。日本語の豊かさ。

 

なにかと酒の機会が多かった。
人付き合い悪い自分にとっては珍しく、今年の三月は近年稀に見る酒席の多さ。

久しぶりの面々。会う事も稀になる人々。

  

君に勧む金屈巵     満酌辞するを須いず

花發けば風雨多く    人生別離足る             于武陵

 

この盃をうけてくれ
どうぞなみなみつがしておくれ
花に嵐のたとえもあるぞ
さよならだけが人生だ                  井伏鱒二

 

詩も和訳も堪らん。

暗くならない恬淡さと潔さ。

盃挙げ  幸多かれと 言祝ぎ 祈安する。