よしなしごと

いちセラピストの日々徒然

劣等感

8月5・6日、からだで感じる解剖学〜体感アナトミー終了。

 

ミンミン蝉の声を聴きながら

お祭りのお囃子を聴きながら

カラダの軸を感じる2日間。

 

如何に普段、腑抜けたカラダの使い方をしているか(。-∀-)

非効率がゆえ、無駄にエネルギーを消耗しカラダを痛めつける。

f:id:hariruri:20170808100208j:image

前鋸筋を意識した立甲。イマイチ。

ボディワークは面白い。

体験しないと分からない感覚。

言葉だけの説明では分からない。実際カラダで感じるのが楽しい。

 

日常の動作。

例えば、椅子から立ち上がる。

「この筋肉を働かせて立ち上がろう」なんて、意識なぞしない。

大腿四頭筋優位に働かせてこの動作をするのは、力を使う。

ハムストリングス優位に立ち上がると、無駄な力を使わずにすむ。

では、ハムストリング優位にする為にはどうしたらいい?

・・・そんな、セミナー。機能的にカラダを使うコツを知る。

 

ヨガインストラクターの方々が非常に多いセミナーだった。

彼女達は、人前で話す事やカラダの指導に慣れているだろう。

アウトプットに長けてるのが、非常に裏山。

 

苦手意識、如何せまし。