よしなしごと

いちセラピストの日々徒然

読み比べ 今昔

大和は 国のまほろば たたなづく 

青垣山ごもれる 大和し 美し

 

語感の良さ、目にも美しい大和言葉

倭建命が詠んだ有名な歌。

 f:id:hariruri:20180125205538j:image

 読後、なんともいえぬ寂寥感に茫然とした。

物語のパワーに只々虚脱するしかなかった少女時代。

私の中のヤマトタケルは、氷室冴子さんの『ヤマトタケル』で刷り込まれている。 

ヤマトタケル (集英社文庫―コバルトシリーズ)

ヤマトタケル (集英社文庫―コバルトシリーズ)

 

コバルトシリーズ・・・かつての女子供の読み物などと侮ってはいけない。

肉感的で蠱惑的なイラスト。

心理描写の巧みさ。美しい言の葉の響き。旧漢字・古語の見目麗しさ。

漢字は目で見るだけで、イメージを誘う魔力があるから。どうか目で楽しんで、いろいろ想像してください。            

    〜あとがきより抜粋

 本当に、言葉には力がある。

目で見て、耳で聞いて、口で発音して、魅了される。言祝ぐ、呪う・・・・・あ。伊藤計劃氏の『虐殺器官』思い出した。

 

なんて素敵にジャパネスク』シリーズ『ざ・ちぇんじ!新釈とりかえばや物語』『なぎさボーイ』シリーズなどなど・・・大昔、悉く処分した。

未だ手元に置いている彼女の本は3冊。『ヤマトタケル』はその中の1冊だ。

日焼けはしているが、開くページは白くシッカリしている。

f:id:hariruri:20180125215345j:image

この紙、なんていうのかしら。いいね、今でも綺麗で丈夫。素敵耐久性。

f:id:hariruri:20180125215351j:image

最後の見開きイラスト。

源氏物語の“雲隠”を知った時・・・みたいな気持ちにさせられた。自分「“雲隠”はタイトルだけ」の説を取ります。

 

ぽっかり   明るい虚しさ   晴れやかな寂しさ   澄明    軽さ    空ろ  開かれた蒼穹

 

うん、言語化、面倒です。

 

昔、愛読した本。

経年と共に読み方が変わったり、感情移入先が変わったり、自分の変化を再確認出来る指標でもある。又は、変わらぬモノを見出したり・・・まぁ、愛しき古き佳き友だ。

 

この氷室冴子さんの『ヤマトタケル』は、みんなが哀しい。

癒しえぬ哀しみを、みんなが夫々抱えている。

恐らく。一番感情移入出来る人物は、今も(小娘の頃と)変わらないと思う。

 

夫々の人物の独白形式で、この物語は進んでいく。

昔程の根気がない今、ひとりづつ 作中人物の語りを聞いていこうと思う。

f:id:hariruri:20180125231938j:image

今宵、第一夜は 美夜受姫。