よしなしごと

いちセラピストの日々徒然

文月朔日 〜夜の寺ヨガ in 福聚院 ①

知ったのは、先週。

f:id:hariruri:20180701214959j:image

今年のテーマは「蓮~padma~」
福聚院住職の伊達廣三老師の説法からスタート→笹川典子先生の陽のエネルギーのヨガ アーサナ(ポーズ)→三浦伸子の陰のエネルギーのヨガ ヨガニードラ&シンギングボウルの演奏 3部構成2時間30分のイベントです!

お寺は住まいから車で行けば、すぐ。

迷わず、速攻参加表明。

 

昨日は、夏越の祓。

上半期の穢れを祓えたか、なんとも吉凶混合の一日だった。

みそぎぞ 夏のしるしなりける   ってか。

 

本日、真夏のような茹だる暑さ。この湿気を含む気怠さに、吹き出る汗。

・・・たまらん。この感覚、キライじゃない。

 

初めてくるお寺。

本堂に入ると、ふんわり薫香。

f:id:hariruri:20180701223600j:image

・・・ぉお〜、なんか懐かしい感じ。

薫りは記憶に直結する。幼い頃の夏座敷。

 

 

17:30を少しまわり、ご住職が現れる。

「蓮」に纏わるアレコレを、分かりやすく語っていく。

ヒンドゥの神や犍陀多、谷川俊太郎氏の父の話などなどなどなど・・・

福聚院にも蓮池があるそうで、開花時期には是非訪れたく思う。

「蓮の開花音は、残念ながら無い」との事。

いや、本当に残念。

「ポン!」半分信じておりました。

 

 

泥中に咲く 花の君子

ナモサダルマプフンダリカサスートラ

坐禅の脚の組み方でも、蓮華座というのがあったな

yokikotokiku.hateblo.jp

 

約20分、あっと言う間にご住職の説法が終了。

楽しい時間は、本当に早い。