よしなしごと

いちセラピストの日々徒然

金木犀の頃

夏の残滓のような暑さ。

買い物から帰り、窓を開けビールとツマミで夕涼み。

f:id:hariruri:20180919181550j:image

上空を渡る風は疾く、飽かず眺める空の色。

f:id:hariruri:20180919182540j:image

青。白い半月。白い雲。

ふわりと香る金木犀に、秋の気配。

 

米をとぎ、小1時間ほど水を吸わせる。

冷凍庫に入れっぱなしだった豚肉は、豚しゃぶにした。

炊飯器のスイッチを入れる。

f:id:hariruri:20180919183314j:image

六時過ぎると「誰そ彼ぞ 」な、空の色。彼は誰ぞ。日が落ちるのが早い。

先刻より濃密に沈む金木犀の香り。

 

花は夜馨るのか。虫の音。夜風が心地よい。

部屋の明かりは消したまま飲むのも又佳いものよね。

豚しゃぶをツマミに、ビールをもう一本。