よしなしごと

いちセラピストの日々徒然

好感度交換

一昨日、母が大量の肉厚椎茸を持って来てくれた。

親切にして下さるご近所の御夫妻のお話をしたから。

「お礼に持っていきな」

それ故、出勤前の昨日朝、初めて玄関チャイムを鳴らす。
そして、今更ながらの名乗り上げ。


・・・そう、過剰な礼はお互い気を遣うだけのものになりがち。

ちょっとした親切が義務に代わってしまったり、自然な習慣を止めざるをえなくなったり・・・そんな風には絶対なって欲しくないし、なりたくもない。

お話をしていて、何となく確信を持つ。

奥様も同様に、このニュアンス、分かってくれてる感じがする。
多分、変な風にはならない。良かった🎶

一度玄関先にお顔を覗かせたご主人が、部屋の奥へ。
再び現れた時、両手には合掌造りのお家が。
なんとご主人の手作り! なんとプレゼント!
玄関に飾られた大きな家も、ご主人が作られたのかしら??


ミニチュア猫さん達と。
一画、和のテイストにしてみよっかな٩( 'ω'  )


このお家、私の中の「凡ゆる善きもの」の象徴になり得る。

憧れやまぬもの、善良なるもの、豊かなるもの、健全なるもの・・・

親切で気さく、ノーブルなご夫妻。共白髪。

とてもとても、素敵なお二人。

 

 


そして、ふと思う。

子が他者から感謝されるよう、取り計らう。
自分に直接の利は無いのに、母は喜んでくれる。
私の為に毎年お守りを買ってくれるヒトは、この世に母しかいないだろう。

・・・なんとゆうか。

母という存在はすごいと思う。有難くて尊い

年重ね、風樹の嘆が脳裏に過ぎる。

親孝行、考えよ。