よしなしごと

いちセラピストの日々徒然

文月朔日 〜夜の寺ヨガ in 福聚院 ③

休憩を挟み、19:00過ぎ。

f:id:hariruri:20180702033004j:image

第3部「陰」のヨガ+シンギングボウル。三浦伸子先生登場。

チェンマイTTCで学んだ経歴を持つお方でした。

お伺いしたところ、シンギングボウルを初めてお求めになったのはサンデーマーケットだそう。

f:id:hariruri:20180702221842j:image

なんだか とても嬉しく感じる♪

 

本堂の照明を落とし、仄明るい暗がり。知らずココロ落ち着く。

 

「結合組織を弛める」

 

股関節や脊柱を弛めるアーサナ

3分、若しくはそれよりも長い時間、そのまま保持。

ガクン と、時折動く関節。

 

ディープリラクゼーション。

 

穏やかな声を頼りに、深く深く沈潜していく。

 

倍音

音の波紋    うねり    がらんどうの体内に谺する振動   

 

            ずるずる  うごく   こかんせつ

ぴくぴく ふきそくにうごく ゆびさき    あしのゆび

          ときおり びくん と、  みじろぐ    ぜんしん

もぞもぞ   いごこちよさをさがす   きょうつい

           びくうのおくを    こする  こき・きゅうき

 

半覚醒。

様々な音の、幾つもの波紋に揺蕩う。空気の振動。

 

視覚・聴覚・嗅覚・触覚・味覚を想起させるコトバの群れ。

「自分の利き感覚は視覚だろうな」などと、ぼんやり思う。

 

足元から聴こえてくる転がる音。

唐草模様のような、小さく丸い花房の集合体みたいな。

コロコロ転がる可愛い 音音音・・・

 

Σ・・・ナニコレ、メッチャ可愛らしい音色なんですけど!!

 

シンギングボウルも初めて聞くに等しい。

楽器も分からぬ朴念仁。なので、この可愛い音を奏でる楽器の名前も不明。

ついでに云えば、形状も不明(←目を閉じてたから) 

 

※  7/8  三浦伸子先生ご本人に教えて頂きました。スッキリ!

f:id:hariruri:20180708231408j:image

「  竹筒のタイプが「コシチャイム」、青い方が「ザフィアチャイム」です。
どちらもウインドーチャイム(西洋風鈴)窓辺に下げます。風が吹くと素敵な音が響いてきて癒されます。」

 

 

徐々に覚醒を促し、意識を浮上させていく役割だろうか。

 

ティンシャの澄んだ高い音が響き、ゆるゆる起き上がる。

余韻を味わうのが、好きだ。 

 

弛緩しきった( ̄Д ̄)アホヅラ

 

 

実に濃い〜ぃ、2時間半。お腹イッパイ・足るを知る。

 

【夜の寺ヨガ 福聚院】は、今年で第2回目だという。

「来年も開催するとしたら、この季節」との事。

 

意図した色だったのだろうか、陰陽太極

白Tシャツ「陽」のヨガ   笹川先生

黒Tシャツ「陰」のヨガ   三浦先生

f:id:hariruri:20180702172830j:image

気さくで可愛い笑顔の両先生達に握手を求め、第3回開催を熱烈希望しその場を辞した。

 

なんか、自分を労わるのって大事だな。

とても楽しい時間でした。

文月朔日 〜夜の寺ヨガ in 福聚院 ②

此方福聚院さんは、仙臺七福神の布袋様が鎮座ましましておられます。

f:id:hariruri:20180702024403j:image

閑話休題

次はヨガです、ヨガ。

見渡す参加者の皆様は、ヨガ歴長そうな方々ばかり。

アーサナの名前も碌に知らない自分、些か不安だったり気後れしたり。

というか、陽ヨガ・陰ヨガという概念すら知りませなんだ(; ᐛ )ド素人

 

 

・・・お寺の鐘が鳴る。通りの良い音の波。

 

18:00過ぎ。御本尊聖観音像を背に、笹川典子先生登場。

 

第2部「陽」のヨガ。

太陽礼拝と戦士のポーズ、ダウンドッグ位しか、名前分かりません。すみません。

ハリのあるお声で、淀みなく動きを誘導していく。 

呼吸とカラダのウォーミングアップから、徐々に力強い動きへ。

 

時折アーサナに合わせ響く倍音

※ 7/9 三浦伸子先生からご説明頂きました。

f:id:hariruri:20180709204933j:image

「前半演奏したグレーの楽器は、プロパンガスのボンベで作られたGANKと言います!陽ヨガの時に演奏していたものです😊」

 

産まれたての仔鹿のように、プルプル震える我が足w

目線一つ変えただけで、グラグラ揺れる不安定なカラダ。

意識の置き方で安定する重心。

 

目指すはテンセグリティ。絞る・開くカラダ。相反性抑制。動く毎に広がる関節の可動・・・

 

・・・ケツ、痛ぇ(笑)  カラダ重い(笑) 足裏、攣りそう(笑)

 

汗ダラダラ、嗚呼、楽し。

 

何だってカラダを動かすのは、こう心地良いのだろう。

日常に於いて、すぐ忘れてしまうこの高揚。

全身に巡る酸素と血液。

元気になっちゃうわ〜。この後、ビール飲んだらサイコーよね。

自堕落さ故、運動習慣は身につかない(; ^ ^ )/■ 

 

このまま心地よい疲労と共に、第3部「陰」のヨガへ。

文月朔日 〜夜の寺ヨガ in 福聚院 ①

知ったのは、先週。

f:id:hariruri:20180701214959j:image

今年のテーマは「蓮~padma~」
福聚院住職の伊達廣三老師の説法からスタート→笹川典子先生の陽のエネルギーのヨガ アーサナ(ポーズ)→三浦伸子の陰のエネルギーのヨガ ヨガニードラ&シンギングボウルの演奏 3部構成2時間30分のイベントです!

お寺は住まいから車で行けば、すぐ。

迷わず、速攻参加表明。

 

昨日は、夏越の祓。

上半期の穢れを祓えたか、なんとも吉凶混合の一日だった。

みそぎぞ 夏のしるしなりける   ってか。

 

本日、真夏のような茹だる暑さ。この湿気を含む気怠さに、吹き出る汗。

・・・たまらん。この感覚、キライじゃない。

 

初めてくるお寺。

本堂に入ると、ふんわり薫香。

f:id:hariruri:20180701223600j:image

・・・ぉお〜、なんか懐かしい感じ。

薫りは記憶に直結する。幼い頃の夏座敷。

 

 

17:30を少しまわり、ご住職が現れる。

「蓮」に纏わるアレコレを、分かりやすく語っていく。

ヒンドゥの神や犍陀多、谷川俊太郎氏の父の話などなどなどなど・・・

福聚院にも蓮池があるそうで、開花時期には是非訪れたく思う。

「蓮の開花音は、残念ながら無い」との事。

いや、本当に残念。

「ポン!」半分信じておりました。

 

 

泥中に咲く 花の君子

ナモサダルマプフンダリカサスートラ

坐禅の脚の組み方でも、蓮華座というのがあったな

yokikotokiku.hateblo.jp

 

約20分、あっと言う間にご住職の説法が終了。

楽しい時間は、本当に早い。

祭った・終わった

去年までは見ている側だった。

yokikotokiku.hateblo.jp

 2018年6/16・17  タイフェスティバルin仙台。

f:id:hariruri:20180617220349j:image

曇り空ではあったけれど、雨も降らず無事終了。善哉善哉。

 

自分、タイフェス初参加の闖入者。

f:id:hariruri:20180617214615j:image

先輩方と一緒だと、勉強になります。

野外の準備やら設営やら片付けやら、一連の流れ。無駄なく、合理的☆

ブース乱入させてくれた友人達に、感謝感謝〜。

 

f:id:hariruri:20180617222110j:image

沢山の人々で賑わう。

食べ物屋さんのブースは、戦場だったろう。

f:id:hariruri:20180617220928j:image

タイのハーブや食材のブース。合間に行って買い物。

店員さんに間違われ、色々質問とかされてしまう珍事発生。

 

f:id:hariruri:20180618042013j:image
f:id:hariruri:20180617222419j:image 

タイ国政府観光庁のブース。

久々に、拙いタイ語で話しかける(←コレも楽しい)。

素敵笑顔で撮らせてくれたタイの方々。

 

 

非日常の2日間。

偶然、前同僚達と再会したり。

賑やかな留学生の子達に、タイ語のスペルを教えて貰ったり。

初代&2代目タイ語の先生達と、再会出来たり。

嗚呼、楽し♪

f:id:hariruri:20180618042008j:image

 

声を掛けてくれた久々の友人・知人達。

滅茶滅茶、嬉しかった。

そりゃあもう、自分でも驚く程に。

名前を呼ばれるのって、すごく嬉しい。

 

あ〜、ちょっと絶句しちゃう。

本当にありがとう。

 

声掛けてくれた皆様、大感謝だよ。

顔を見れて、本当に嬉しかったです。

f:id:hariruri:20180618024352j:image

今回参加してなければ、再会出来なかった友人・知人もいたと思う。

 

・・・いやはや。祭りって、良いね。

近況

5月末、唐突に流れる鼻水。

その日の内に高温発熱、関節痛。

2日間寝込み、3日目に病院。

4日目に点滴。

回復に至るまで5日間要した。

健康って、大事だな〜。

 

晩春から落ち込み無気力状態。

長らく続いた低空飛行からの体調不良。

行く末を考えてしまうね。

今回ただの風邪だったけど。

自分で動けるうちに終活しておかなくちゃな〜・・・などと、ぼんやり思う。

 

気づけば6月。先だっての日曜、仙台は梅雨入り。

 

今週末、タイフェスがある。

 

ここ数日、何度も週間天気予報を確認。

数時間で「曇り」になったり「雨」になったり。

スマホ片手に一喜一憂。

余談だが、先日画面回転が出来なくなった。

ジャイロセンサーに不具合があったようで、本体交換。AppleCare期限内で良かった。無償交換で、バッテリー状態100% ♪(´ε` )

 

タイフェス初参加。

 

晴れたらブースの店先にベッチェを置いて、フットマッサ。

 

具体的で自分の力で対処できる不安というものは、実に良いと思われる。

イベントの準備は、そんな不安との付き合いでもある。それが楽しい。

低空飛行気分脱出のキッカケにもなってる。

 

人事を尽くして天命を待つ

という程、大袈裟なものではないけれど。私の準備は整った。

 

あとはお天気次第。

やっぱり

使わないと忘れちゃうね〜

ภาษาไทย タイ語 (: ᐛ )

 

3年程前になるかしら。

個人レッスンをお願いしたタイ語の先生。

月2回ドトールで待ち合わせて、タイ語を教わった。

若者日本語が本当に達者で、オバちゃん とっても驚いた。

 

 

彼女が日本に来ると知らせてくれたのは、先月。

仕事絡みの来日。

知らせてくれたのが、何よりも嬉しい。

 

本日仕事帰り、彼女と待ち合わせ。

買物袋両手に下げて、笑顔の登場。

・・・重そうw

カフェに入り人心地。

 

彼女には沢山のお友達がいて、数日の日程で出来うる限りのお友達に会うと云う。

精力的に人と会う為、動く動く動く・・・感心する程の過密スケジュール。

 

「ぅわぁ〜、忙しくて大変じゃない?」

 

「会いたくて会う! 会えて嬉しいから。

その人達が私のパワーになるの 」d(・∀・ )

 

光栄な事に、私もその中の一人みたい。

そんな風にコトバで云われるのって、びっくりする程嬉しい。

こちらこそ、彼女からパワーを頂いた。

 

一昨年バンコク行った理由の一つは、彼女に会う為。

yokikotokiku.hateblo.jp

 会いたいから、会う。シンプルな行動原理。

それがとても力になる。シンプルだから強いのか。

 

しばらく遠去かっていたタイ語

伝えたいコトバを調べてみようか。

〜南新宮社付近

・・・一般的に。茶トラは、懐こい気質なのかな。

しばらく撫でてたコ

近くにきては、私の掌に頭を ぐるん と押しつける

此方から近付けば少し距離を置いて、振り返ってみては 小さく   みゃあ

 

何か狙ってる。


f:id:hariruri:20180319192727j:image
静かに離れてみる。鳩がいる。

お尻フリフリ、狩りのポジション・・・
邪魔しないよう静かに離れつ、そのままお別れしようとしたけれど

・・・こちらを振り返り、私の顔を見て みゃあ と鳴く

 

困った顔で、母猫や飼い主を見るように
小走りで此方に駆け寄ってくる

そして「撫でて」と要求するように、すりすり

しばらく 撫でて撫でて撫でて撫でて撫でて・・・

切なくなってくる

熱田神宮境内。

此処は本堂より外れた場所だけど、参拝客はチラホラやってくる
f:id:hariruri:20180319192532j:image
撫でてた手を離し、速やかに立ち上がる。
振り向きもせず、参拝客とすれ違う。

10メートル程真っ直ぐ歩いて、振り返る。

道の端に移動したあのコは、ぺろぺろと毛繕いをしていた


行きずりの、罪悪感    偽善なのか    感傷なのか   免罪符代わりの欺瞞   

ヒトと共に過ごしてきたコなのかな
頭が掌に馴染む感覚    ぐるんと返す丸い頭     甘い鳴き声

野良特有の雰囲気はない

どう祈っていいのか、分からない
けれど、祈りたくなる

・・・雨女?

朝6:30過ぎ。

予定より早く、夜行バスは栄に到着。

栄って、何処だ。名古屋だ。

 

雨だよ、雨。

地下でビニール傘購入。

 

名古屋城近辺で時間潰そうと、地下鉄名城線右回り右 市役所 で降りる。

 

・・・時間潰せる場所がない。

ウロウロ彷徨い歩く。そぼ降る雨。

しとどに濡れるパンパンのリュック。嗚呼、革靴が。

でも、雨の柳は素敵に綺麗。

f:id:hariruri:20180316084000j:image

名古屋城は9時からです。今7:30

 

此処から徒歩15分位?

三の丸庁舎のカフェが、8:00からオープンらしい。

f:id:hariruri:20180316084533j:image

ウロウロうろつき童子。

あら、桜咲いてるのね。雨の桜も佳いですわ。

 

8:05程、カフェで人心地( ̄∀ ̄ ふー

 

明日・明後日は、セミナー。天気予報は晴れ。

19日観光がてら帰宅。天気予報は、雨。

・・・セミナーが雨で、今日と19日が晴れだったら良かったのに(。-_-。)

 

 

只今8:53  名古屋城に向けてそろそろ出発。

好感度交換

一昨日、母が大量の肉厚椎茸を持って来てくれた。

親切にして下さるご近所の御夫妻のお話をしたから。

「お礼に持っていきな」

それ故、出勤前の昨日朝、初めて玄関チャイムを鳴らす。
そして、今更ながらの名乗り上げ。


・・・そう、過剰な礼はお互い気を遣うだけのものになりがち。

ちょっとした親切が義務に代わってしまったり、自然な習慣を止めざるをえなくなったり・・・そんな風には絶対なって欲しくないし、なりたくもない。

お話をしていて、何となく確信を持つ。

奥様も同様に、このニュアンス、分かってくれてる感じがする。
多分、変な風にはならない。良かった🎶

一度玄関先にお顔を覗かせたご主人が、部屋の奥へ。
再び現れた時、両手には合掌造りのお家が。
なんとご主人の手作り! なんとプレゼント!
玄関に飾られた大きな家も、ご主人が作られたのかしら??


ミニチュア猫さん達と。
一画、和のテイストにしてみよっかな٩( 'ω'  )


このお家、私の中の「凡ゆる善きもの」の象徴になり得る。

憧れやまぬもの、善良なるもの、豊かなるもの、健全なるもの・・・

親切で気さく、ノーブルなご夫妻。共白髪。

とてもとても、素敵なお二人。

 

 


そして、ふと思う。

子が他者から感謝されるよう、取り計らう。
自分に直接の利は無いのに、母は喜んでくれる。
私の為に毎年お守りを買ってくれるヒトは、この世に母しかいないだろう。

・・・なんとゆうか。

母という存在はすごいと思う。有難くて尊い

年重ね、風樹の嘆が脳裏に過ぎる。

親孝行、考えよ。

11/20(月) ワット・ウモーンにて ②

朝まだき、暗い空に鐘の響く。 起床。

床の固さと大きな蟻たちの進入に、眠りは浅く体に残る疲労感。

なにやってるんだろうなぁ・・・と、自分でも笑えてくる。

 

朝の掃除と朝食後、此処を立つ。

 

メディテーションセンター付近にいる二匹のワンコ達。今年も元気。

f:id:hariruri:20180213140049j:image

ニャンコ達は今年、一匹も見かけなかった。


結局、去年出逢ったレックさんとは昨日の朝の10分だけの邂逅だった。
f:id:hariruri:20180213140614j:image
一泊。ホント早かった。
・・・英語ね〜、出来たらいいな〜。

お坊様のお話も分からんし、ファランさん達とも全然コミュニケーション取れないもの(。-∀-)トホホ

 

部屋の掃除を終え、ブランケットを返しお寺を心ゆくまで散策。

 

さよなら 2017 ワット・ウモーン

今年は大通りまで歩いて、ソンテウを捕まえよう。

 

お寺出口近くまで来たら、メディテーションセンター付近のワンコ達が先導してくれた。
お見送りっぽく感じて、嬉しい。
このコ達以外にもお寺にはワンコ達がいるのだか、吠えられまくりで怖いのだ。

このコ達には吠えられた事がない。

f:id:hariruri:20180216193059j:image

f:id:hariruri:20180216193123j:image

メディテーションセンターに訪れる人達を、同じ縄張り内の仲間と認識してるのだろーか。

大人しいコ達だった。

お寺に戻ってくワンコ達の後ろ姿に、センチメンタリズム。

年年歳歳

歳歳年年