読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よしなしごと

操作不慣れ。気ままに雑記。気ままに放置。

瞬間忘却 4/19(水)

花見の盛りは過ぎたが、小高い山中の神社には未だ桜が咲いていた。 風は強いが、然程寒くない。 今年は可愛いらしい神社で、独り桜狩り。 心ゆくまで堪能し、車に乗り込む。 普段遠出しない自分に取って、珍しく長い運転時間。 ペットボトルの水を飲み干す。…

・・・一重 1/24(火)

昨日。 雪降る朝、地下鉄駅へ向かう。後ろから追い抜かれ、えらい勢いで前方を闊歩する若いサラリーマン。副流煙が、ゆるり と 彼を追尾する。・・・おおぅ、煙草の香り・・・ うむ、煙草を知らなかった頃感じた「独特の不快感」が甦る。「不快」と感じる辺…

11/29 こんな日もある

・・・いいホテルだった。BTSすぐ近くで、大変便利。そして清潔。 煙草止めてて良かった。全館禁煙だったぽいから。都会怖がっていたけど、まぁ、なんだ、楽しかった。 道々、気遣ってくれるタイ人の方々もいた。警戒心0も問題あるが、必要以上に無愛想にな…

なんだかんだ

夜ともなれば、漫ろ歩き。 気儘に立ち止まり 仰ぎみる。 月の暈に 紫煙燻らし 仄かにみえる星明り。 田園広がる田舎道は、光害も少なく。 19:00過ぎには、人も車も通らなくなるような僻地。 浪漫に浸る姿を見られるのは、恥ずかしい。 十代の小娘が 独り気取…

仕切り直しか、ひと昔

嗚呼、今 猛烈に 煙草が吸いたい。‥‥強烈なストレスを感じた昨日、そう思った。 不安に苛まれる。 なんせ、生活の糧ともいうべき職が危うくなった。15年前、伴侶が逝って。なけなしの金叩いて通った専門学校。学校附属の治療院に、4年勤務。 実家に帰る選択…

閾値超え?

鼻腔内を拭ったティッシュは白いまま、ニコチン色には染まらない。つらつらと、休煙26日目突入。 経過日数を数えるのは、未だ煙草を意識してる事の証左だろう。 抗えぬ、禁断の果実・パンドラの匣。 カリギュラ効果発動しちゃうので「禁煙」ならぬ、あくまで…

タイヤ交換を終え、近所のスーパー。 切り花を2束買った。薄桃と薄青は、只管愛らしく 藍と白は、簡素で好ましい 花を手元で愛でる。我ながら吃驚。この衝動は、何処から来たものか。タイヤを運び食材をしまい、ひと段落付いた際ふと思い立ってしまう。 「新…