よしなしごと

いちセラピストの日々徒然

バリバリだぜー!

新婚旅行は、バリだった。最早ふた昔前。時間は光の速さ。

ケチャガムラン、バロンとランダ、ワヤンクリッ、モンキーフォレスト、ジンバラン湾付近の静かなホテル。

ホテル中庭で見た、最後の残照を今も憶えている。

バグース・バグース(´∀`)♪

 

昨日参加したワークショップ。

f:id:hariruri:20171217060200p:image 

眩しい笑顔・通りの良いお声

小谷野哲郎氏

http://tobiucamp.com/2015/08/koyanote

呼吸に合わせ、反復する動き。

呼吸は風、ハヌマンのお父さん。

風を体内に感じつつ、小谷野氏の動きを真似る真似る真似る真似る・・・ 単純な動きながら、脇汗だらだら。

思いどおりに動かないカラダ。
イメージを追い、ただ只管、反復する動作に意識は集中していく。
歩く瞑想というのもあるけれど、また違う趣きだ。

・・・楽しいw

 

肩甲骨上腕関節だけの動きではなく、胸鎖関節・肩鎖関節をも意識する。

体幹を安定させるパワーボックス(横隔膜・骨盤底筋・腹横筋・多裂筋)の意識。

普段意識してるか覚束ない肋間筋。

 

カラダの使い方は、反復する事によって習得される。

意識しなければ、動かす事は出来ない。意識ひとつで、動きは変わる。

微細な動きを体感し、運動として伝える・・・ダンサーの神経伝達、まぢすごい。

私とは違う体性感覚の世界で生きている。

 

踊りは、概ね奉納からくるものなのかしら。

アニミズム信仰、シャーマニズム、自然への畏怖、農業畜産漁業などの恵み、その感謝。

前回タイ舞踊の土屋氏や今回バリ舞踊の小谷野氏のお話を伺って、

踊りって やっぱ巫女・巫覡だよなぁと思ってしまう。

天と地、神と人との中間者。媒体。神憑り。表現する為の、滅私の器。

ソコに『個』を表現する欲求に駆られないのか?

社交ダンスやバレエは、メッチャ『個』なカンジがする。

フラメンコも『個』なカンジもするが「ドゥエンデ」という概念がある。能だと「花」になるのだろうか。

『場』と『個』の違いがあるかもしれないけれど・・・どちらにせよ

踊りって、やっぱり素敵に最高だ。

 

シャーマニズムな踊りもさることながら、氏は『個』としてオリジナリティの追求も楽しんでやっておられるようだ。

能とバリ舞踊のコラボ・・・なんて、面白げなのでしょう♪♪♪

 

小谷野氏は、東北にもよくいらっしゃるとの事。

ワークショップ開催があったら、次回も是非参加させて頂きたい。