よしなしごと

いちセラピストの日々徒然

映画 バッド・ジーニアス 鑑賞

ポップ・アイ』上映で予告を観た。

面白そうだったので、行ってみることにした。

f:id:hariruri:20181031115137j:image

[映画]バッド・ジーニアス -危険な天才たち- 2018/9/22(土)、新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー

所謂 ★★★★★的な面白さ。

ラストまで飽きる事なく、スクリーンに釘付け。

130分間、中弛み一切無しで過ごせた。

飽き性の自分にとってすごい事だわ。

สุดยอด ‼︎  

 

後半28分間、心臓バクバク継続。心拍数、如何程なるか。

「ぅわ〜〜   早く楽にしてくれ!!」と、本気で願った。

緊張感・臨場感・緊迫感が、30分近く続く。

こんなに長いクライマックス、カラダによろしくないwww

 

テンポ、演出、音楽、緩急あるカメラワークとストーリー展開。

※ 監督はCM製作をしていたとの事。なんか納得。

 

父子家庭育ちのクールな天才リン。

天真爛漫おバカ可愛いグレース。

御曹司のパリピ馬鹿息子パット。

母子家庭育ちの生真面目な天才バンク。

感情移入はできないものの、典型的なキャラクターは話を分かりやすくしてくれる。

 

中国の実話を元にした、スタイリッシュなクライム・エンターテインメント。

カンニングのスリリングなシーンが大々的ではあるけれど。

社会構造をしっかり描写しているので、ただの娯楽作品では終わらない。

収賄や学歴社会の風刺。結構重い内容だと思う。

貧富の格差が露骨に表現され、搾取する側とされる側の対比がなんともやり切れない。 

これも「タイらしさ」なのかもなぁ・・・

富める者の無邪気な残酷さ。持たざる者の悲哀。

哀しいかな、羅生門の下人になる気持ちも分からんでもない。

 

普段はクールな主人公リンだが、時折父親やバンクに見せる少女らしさが微笑ましい。

リンの父親役は『ポップ・アイ』主演のおじさんだ。

家族愛もじんわり感じるこの映画。

切り口が幾つもあって、一粒で何度も美味しい。

 

コレ、多分また観たくなるかも。

でも、クライマックスシーン、心臓にとてもキビシイ。

DVD購入するか、ジレンマ。