よしなしごと

いちセラピストの日々徒然

発端・発露

過日。タイフェスの準備期間中の頃。

動画を適当に検索していて、目が止まってしまった。

流れるような、踊るような施術。釘付け。

見惚れた。溜息。こんな しなやかな施術を受けたい、自分でもやりたい。

 

タイヴェディックのセバスチャン・ブルーノ氏。

f:id:hariruri:20181006114742j:image

ThaiVedic JAPAN | FOUNDERS 創立者

チネイザン入門のセミナーがあると知ったのは、8月末の事だった。

今年知った施術家の先生に、今年中に会えるかもしれない。

憧れの施術家に会おうと思えば、会える。

「やれる」か「やれないか」

「やる」か「やらないか」

会う為の手段を自分は行使出来る。

今回は「やれる」し「やる」。

躊躇いなく動けるこの現実が嬉しい。

 

腹部へアプローチする動画を観て、オム先生のチネイザンに似ていると思った。

オム先生に習った時は、拙過ぎるタイ語と残念過ぎる英語で質問も儘ならず。

手順を追うので精一杯。

しばらく施術もしていないチネイザン。手は、忘れる。頭は、忘れる。

「入門」というのも「通訳さんがいる」というのも、何事も形骸化しがちな自分にとっては丁度良い事のように思えた。

 

28日。夜行バスの時間を待ちながら、薄ぼんやり五行を思い浮かべていた。