よしなしごと

いちセラピストの日々徒然

平凡

 

・・・ぁ〜、青空。

 

シーリングファンと扇風機。部屋中の窓全開。

通りぬける風が気持ち良い。

ベランダ近くに座り込んで、氷結を開ける。

なんだか気が向いたので、枇杷の種の皮剥き剥き。

f:id:hariruri:20170726150412j:image

枇杷の木が実家にあったのを知ったのは、つい最近。

「縁起が悪い」「薬効成分」などなど、脳裏に浮かぶ。

 

枇杷の種で杏仁豆腐が作れるそうだ。

あちこちレシピを検索。

氷結飲み干し、心地よい風につい午睡。

我が家の甘味調味料は、黒砂糖か蜂蜜。

杏仁豆腐には白砂糖がいいのだろうが、黒砂糖でもいいか。

 

微塵切りにした枇杷の種・生クリーム・牛乳・黒砂糖・ゼラチン。

うん、簡単お手軽。火から下ろし、粗熱を取り冷蔵庫へ。

3〜4時間程放置。・・・表面ウネウネ。

蜂蜜漬けにしてた枇杷の実をトッピングしてみた。

杏仁な香り💗(´∀`)

見た目はイマイチだが、美味い。

今度作る時は、もう少し丁寧に作ってみよう。

 

一日中家に居て、リフレッシュしたのも久しぶりな気がする。 

当たり前の生活って、有難い。

柔らかい金剛石

亜色処さん二階。週一で、ヨガ教室が開かれている。

ティンシャを求めに来店したヨガの先生。
彼女に店主が声を掛けたそうだ。

「(上で)ヨガ教室、やりませんか?」

f:id:hariruri:20170718080449p:image
http://blog.livedoor.jp/yamaniyama/
↑上記、先生のブログURL。
先月ブログを知って、最初から読んでみた。 

 

 『赤毛のアン』シリーズだったと思う。

マリラがある少女について語る。

「あの子は生クリームを気取る脱脂粉乳よ」的な科白だった気がする。
生クリームは、アンを指す暗喩だったと思う。

 

 川原泉笑う大天使

お嬢様の猫を被る史緒が、万里小路静に「本物のお嬢様」を感じ入り、脱帽する(正確には帽子を齧ってしまうw)場面があった。

作者モノローグ。ソクラテスの「無知の知」を捩り「知の無知」と表現してたのが印象に残る。

 

かわみなみの『シャンペンシャワー』

ダーティなイメージのサッカー選手マルロ。

後輩アンドレやゴードンを「王道のダイヤモンド」、自身を「イミテーション」と評する。

 

 

彼女を表現するに、昔読んだ漫画とか思い出してしまった。

自分の言葉で表現すると、くどくてクサイモノになりそうだから止めとくw

 

流石、酒場の女主人は見る目がある。 

 

ブログを読んで、先生に二度惚れてしまいました。

出会いと別れの雑貨屋よ。

f:id:hariruri:20170706135847j:image

仙台市青葉区一番町。壱弐参(いろは)横丁。

昭和レトロ感・情緒有り。この雰囲気、堪らん。

f:id:hariruri:20170706135907j:image

壱弐参横丁の一角。

f:id:hariruri:20170704210354j:image

民族雑貨 亜色処(あしょか)

ここの店主は「RPGの酒場の女主人みたいだ」と常々思う。

居心地良さに、ヒトが自然に集まる。

『桃李もの言はざれど、下自ら蹊を成す』な、カンジ。褒めたかないがw

 

 店柄なのか店主の人柄なのか( 多分両方 )、かなり個性的な面々がこの店に集い彼女と談笑していく。

 

この個性的な面々が又、RPGのジョブめいてるカンジがするので、どうにもルイーダの酒場を連想させる。

呼気吸気②

この業界に入った切っ掛けは、ホスピスリフレクソロジーを受ける旦那の姿を見たからかもしれない。

終末医療

若くして逝った旦那の病名は、肺癌。

肺に満たされる水は毎日生成される。

末期の呼吸。その一息まで、本当に本当に苦しそうだった。

 

 

ユダヤキリスト教思想では、ヒトは「土から作られた肉体に神が息吹を吹き込んだもの」らしい。

『expire』「死ぬ・息を引き取る」の英語表現のひとつ。

ex 外に spir 息する」息を吐き出す。

spirit 魂・精神・本質」 

死 とは。カラダに吹き込まれた「神の息」を吐き出す事。

 

 

日本語の「 いきもの 」は、息するものの事。

『いのち』とは息の内(いきのうち)        呼吸している間」という説がある。

「 い (息) 」「ち (霊 )」

 

 

脳脊髄液。

脳・脊髄の保護・細胞の栄養供給・老廃物の回収の役割を果たす。

脳脊髄液の循環は、脊柱のポンプ運動でなされる。

ゆえに、脊柱の変位を矯正する事によってヒト本来持っている治癒力を高める事ができる・・・というのがカイロプラクティック

脊柱のポンプ運動とは、胎内にいた頃獲得した呼吸によって成される。

蝶形後頭底結合と仙骨の連動による呼吸。

『 第一次呼吸 』と呼ばれるものだ。

この世に生を受け産声を上げる。ここで我々は、第二次呼吸(肺呼吸)を獲得する。

 

この重力に支配された世界。

なのに、胎内での呼吸が生命活動に多大に影響する。

脳脊髄液の循環(頭方⇔足方)は、海の波と同じリズム(1分間に8〜14サイクル)だという。

ラニオセイクラル施術中、波のBGMかけるとリズムが同調するらしい。

 

カラダの中に海がある。その親和性。

 

深い呼吸。時々、忘れがち。

 

・・・。

今、書きながら頭に浮かんだ。

素戔嗚は、父神伊奘諾の鼻より生まれる。呼吸。息吹。旺盛な生命力と昏い根の堅洲国。 

生と死の神。

東へ西へ

「 西洋人は中丹田、東洋人は下丹田を重要視する 」

何年も前、オカルティズム系の本で読んだ記憶がある。

f:id:hariruri:20170623104506j:image

 「 西洋人はアナハタ・チャクラを、東洋人はスワディスターナ・チャクラを重要視する 」

ウー先生のチネイザンを習っていた時、ジュリーが云っていたような気がする。

f:id:hariruri:20170623104532j:image

 「裸を見られた時、西洋の女性は乳房を隠し、東洋の女性は陰部を隠す」

大昔、絵画系の本で読んだのか酒見賢一の『後宮小説』にあったのか・・・記憶に定かではない。

※ 露出による羞恥心の差異は「普段衣類でどの部分を隠しているかによるものである」と文化人類学者は定義する。日本に於いて明治文明開化以降、西洋文化の影響で乳房の露出に羞恥心を抱くように。江戸時代以前では乳房より太ももの露出に羞恥を抱く文化だった模様。

 

  ・・・テリーマン雷電か ( ・∀・)w

 

 ラニオセイクラルセラピー(頭蓋骨仙骨療法)。
アメリカのオステオパシー医師のサザーランド医師が開発し、アプレジャー医師が発展に寄与。 

先日のセミナーは『和』の頭蓋骨仙骨療法 と銘打たれていた。

わざわざの『和』である。

講師の齋藤先生曰く、

「 東洋人、日本人は、下半身(肚、腰)が重要

西洋人は上半身(胸等)がポイント」

「上虚下実の状態が望ましい」

 

西洋人と東洋人。骨格が違う。

アプローチは変わって当たり前か。

上半身(上虚)はクリアーで、下半身(下実)は気力に満ちている状態。

この状態にある事で、日本人の体軸は作りやすいという。

下半身のパワーを上半身に伝えるには、腹斜筋や大腰筋が機能的に使えるのが理想だったりする。

 

西洋人、大腰筋・ハムストが強いという。ケツプリでも腰痛なりにくい。

東洋人、筋力無い状態でケツプリ姿勢すると腰椎過剰前弯の腰仙部痛。

・・・裏山。

 西洋人は下半身がしっかりしてるから、中丹田(胸)なのかしらん。

 

・・・クラニオの備忘録書こうとしたけど、まぁ、次の機会にしよ。 

亢龍悔い有り

f:id:hariruri:20170618234425j:image

午前9:10頃。

ステージ付近では、ボランティアの方々のミーティング。

午前10:00からイベント開催。

f:id:hariruri:20170618234445j:image

本日、クラニオセイクラルセミナー。終わるのは 17:30予定。

タイフェス終了19:00迄。

昨日は来れなかったので、今日は是非来たい。逃したら来年までおあずけだ。

 

 先日、本体交換したiPhone片手に会場へ向かう。

グーグルマップは、セミナー会場到着を示す。だが、目指す建物は不明。

目の前の建物に女性が立っていた。

可愛らしい若いママ・抱っこされてる女の子。

建物の名前を云うと、歩いて案内してくれる。ほんの5メートル先だった。

すごく感じが良いママさんに、朝から気分が良い。

 

 

和の頭蓋骨仙骨療法。

講師は、齋藤光洋先生。

特定非営利法人 umiのいえ主催

 

穏やかな話し方や立ち居振る舞いが、とても印象深い先生だった。

脳脊髄液の生成や循環、脳神経等・・・解剖学的なお話をして下さったのも、有り難い。

皮膚。最大の感覚器官。感覚受容器の不思議。カラダをつきつめると、確かにスピリチュアリズムめいてくる。あくまで私のソレは、人体の精妙さに驚異する事が前提にある。なのに、一足飛びにスピにいくのは胡散臭く感じる。

スピリチュアリズムだけ」で押し通されると、つい不信感を持ってしまう。もう、コレは如何ともし難い自分の性質だ。ヒトのカラダを触る仕事だから。国家資格有資格者じゃないからこそ、座学は大事。

そういった意味で、バランスが良いセミナー内容だったと思う。

 

筋反射を起こさせない触り方。

施術者としての有り様。
あるがままの観察。

ヴィパッサナー的。

 

 ペア4組になり、実技練習。

齋藤先生は静かに坐し、手順を穏やかな声で誘導する。

その誘導する声や語り方が、過去先輩から受けたフェルデンクライスメソッドを想起させる。

こういった誘導するのにも、テクニックが要るんだろうなぁ。

ゆったりした語りは、耳に馴染みやすく内観しやすい。

 

ラニオ。

自分の施術に取り入れたいが、中々難しいかもしれない。

軽い圧は、遠位に深く響く。

だが求められるのは、強めの圧。近位には効くが、元に戻りやすい。

 

そして、時間が掛かる。じっくりやりたいけれど、雇われの身としては厳しい。

ジレンマ。

けど、勉強になった。得るモノがかなりあった。

 

最後に齋藤先生に握手を求める。ふっくら柔らかい手。羨ましい手をお持ちだ。

少人数のセミナー。濃い内容。楽しかった。

 

徒歩12分程。タイフェス到着。終了まで約50分。

f:id:hariruri:20170619210618j:image

出店している知人・友人に挨拶を交わし、タイビールで喉を潤す。

つい最近イベントで知り合った方々とも、偶然再会。

まぁ、タイ関連だから、会う確率は格段上がるか(笑)。

 

セミナーとタイフェス。同日6/18(日)開催。

両方とも非常〜〜に楽しみ♪にしていた。

 

・・・楽しみにしていただけに、終わると寂しいものがある。

6/14 休日③

午後3時。

タイ古式ほぐし処きどころね 揖斐郡池田町

期間限定 仙台出張店

f:id:hariruri:20170616143047j:image

壱弐参横丁 亜色処2階
本日、タイ式子宮バランスセラピー120分を予約。

セラピストの方とは面識がある。

一昨年ぶりの再会。明るく元気な笑顔は、変わらない。
サンティタムら辺で、バイク2ケツさせて頂いた。
彼女にとっては何でもない事だろうけど、異国でバイクに乗る勇気に感嘆したオバちゃんです。

タイ式子宮バランスセラピー お初。
チネイザンみたいなの? カルサイみたいなの?? わくわく。
「 生理前お勧め・閉経後もお勧め 」との事。
オールマイティ・女性に寄り添う施術だね。

タイ式自体久しぶり。お腹触られるのも、勿論久しぶり。
暖かい掌は腸を包み込むように、まるぅ〜く リズミカルに動いていく。
子宮は膀胱の奥にある。故に、やや深めのアプローチとの事。
・・・あぁ、気持ち良い。
やっぱ、お腹、痛いけど気持ちイイわ ( ˊ̱˂˃ˋ̱ )

足下から。女性に関わるセンを圧していくという。
ケツ・坐骨、かなり丁寧念入りに圧される。嬉しい〜ぃ♪

近況聞いたり話したり まったり ゆったり 流れるような施術。
頚肩辺りで落ちた。

・・・再び仰向け。
子宮を圧する。
ゴメン、トイレ。一時中断✖︎✖︎✖︎

下半身・脊柱・頚肩腕部緩められ、アナトミートレイン。
下腹部も最初より深く入りやすい。
より深層へ。・・・左、やはりかなり固い。
施術も後半、仕上げに差し掛かる。
抱えられた腰。重力傾斜に従い、子宮膀胱は緩やかに上方へ。
鼠径部圧迫。右と左で微妙にズレてる拍動。
「 子宮のリフトアップ ね〜 」

Σ・・・ふ・・ふぉ〜〜ッ(´Д` ;)

鼠径部より上方へスライドするよう圧迫。先ず左から。そして右。

・・・・・ぅはぁ、脱力(*´Д`*)

2時間受けれて良かったぁ〜。
こっぷんちゃ〜お〜・・・

 

加齢と共に筋力は落ち、今様のライフスタイルは骨盤底筋群を甘やかす。
上から下への重力に支配され、抗う筋力がなければ下垂するしかない臓器や子宮。
コレは確かに、全年齢向きかも〜。
下垂した子宮を元の位置に納め、ソレを維持できるようトレーニングするのが理想だねぇ。
経血コントロールとか、近年一般的にメジャーになってるのも良い傾向だと思う。

挨拶もソコソコに、帰宅。
めちゃめちゃ怠い。生理もそろそろ。
帰宅早々、ごろ寝だらだら。怠い。だいぶ、疲れてた感。
わりと、自分、施術を受けるとこんな感じ。翌日は軽くなる。

今朝は、やはり快調な目覚め。

今週末、タイフェスがある。彼女はタイマッサで参加予定。
ちゃんと挨拶しに行くつもり( ̄∀ ̄)
寝坊したら、ゴメンナサイ。

6/14 休日②

街中に向けて、車を走らせる。
ぐるぐると狭い立体駐車場、屋上に駐車。

午後2時30分。

Apple Storeでの用事を済ませ、アーケード内のベンチに座る。
Facebookを開いてみた。
・・・お? チェンマイのノォイさんの奥様。

Σ・・・だ、誰(° ∀ °;???

誰かと間違ってないかぃ???

うむ、謎。

身近な知人で、今チェンマイに行ってるヒトの心当たりは皆無。
お店を訪ねていった方、誰かは知らねど・・・でも、なんか嬉しい。

誰かは分からないけど、チェンマイのあの優しい本屋さんを喜ばせてくれて

こっぷんちゃ〜お( ´ 人 ` ) だよ。

誰方か存知ませんが、あなたに幸あれ。

6/14 休日 ①

待ちわびた休日。

午前11時。

先月ミニタイフェアで知り合った 方と、ランチ。

f:id:hariruri:20170614213417j:image

ナンでかっ!! うまっっ!!

ランチメニュー850円  ♪♪♪

店員さんはネパールの方々だろうか、とても感じが良い笑顔。

 

先月イベント来、半月ぶりのご対面。

ランチに誘われ、それが具体的なのに驚く私。

なんせコミュ症気味の自分、社交辞令で終わるのが常と思っている。

 

地元でタイ伝統舞踊やってるヒトがいるとは思ってもいなかった。

しかも、チェンマイで勉強してたとは。

 

パワフルで行動力ある彼女。

 

思い立ったら直ぐ動く。気になったら直ぐ連絡する。

先日のイベントで知り合ったタイ人留学生の子に、タイ語を教えてもらう約束もしたと云う。 

※ 因みにこの留学生の子は、私のタイ語先生のヒトリである(^^♪

 

この姿勢、ホント大事だよなぁ・・・

自分が動く事で見えてくる地平がある。出会う人々も変わる。

去年から鬱々してたけど、先月のイベントで何となくこの感覚を思い出しつつある。

受動が過ぎると、不満ばかり抱えて攻撃的になってしまう。

能動的に動く事で変わる世界は、新鮮で驚異に満ちている。不満を感じる暇が無い。

  

一頻りチェンマイの話に花を咲かせ、彼女は娘さんを迎えに行く。

自転車に颯爽と跨る後姿が視界に入る。

ガンガレ、ママさん。

 

粗忽者、再び。

一昨日、iphone水没。初めて。

用足す前で幸い。躊躇なく拾い、即座に電源オン。

やや? 液晶画面左下、3センチ程丸く滲んでるように見える。

が、問題無く動作可能。

ふ〜、よかった・よかった( ´ ▽ ` ;) 

 

飲み会から帰り、バッテリー充電。まとめサイトやら読み、いつの間にやら寝落ち。

 

起床。

取り敢えずiphon を手に取る。

まとめサイト見つつ・・・アレ?

誤作動。音声ガイド??

押してないよね??? 

えっ???   ナニ勝手に前店長に電話しちゃってるの???

Σチョット 待てやぁァぁあッ!!!

 

・・・電源オフ。

 

面倒がって、iCloudのバックアップここ数ヶ月取ってない。

恐る恐る電源オン。

アイホン 水没』検索。

無知って、怖い。

電源オン・バッテリー充電、駄目なんぢゃん(ー ー;)

 

ちょいちょい起こる誤作動。

こっそりひっそりiCloudバックアップオン。

誤作動。音声ガイド。

15〜6年ぶりの友達に電話をかけようとしやがる。

Σ  やめろッッッ!!!

 

・・・電源オフ。

 

バックアップ、再チャレンジ。

 

30分後、無事バックアップ終了。

さぁ、約束のランチに出掛けよう。

 

食事中、電源オンにして写メる。メッセンジャーで画像を送る。

左下画面の滲みは、小さくなってる気がする。

暫く談笑。放置iphon 

    ・ピ コ ん ・・・

勝手に作動。

またか ´д` ; 

バックアップ終了したので、気持ちに何となく余裕がある。

電源オフ。

てか、こんなに電源オンオフ繰り返しちゃいけないんだろうなァ。

 

ランチも終わり、タイマッサ予約の時間まで約1時間。

Apple Storeへ。

状況説明と明日の予約完了。

 

「水没の場合、本体交換です。お時間はそんなに掛かりませんよ。」

 

明日は仕事中抜けだ。

AppleCareに入ってるので、12,000円位らしい。

 

日付変わり・・・今、AM1:35

左下画面の滲みは、全く無い。

そして。誤作動も全く起きない。

・・・えぇ〜???

なんか、本体交換しなくても使えるんぢゃない??

などと思うのは、12,000円を惜しむココロが由来する。

けど、今後の憂いを断った方が断然良いだろう。

 

暫くおバカ不注意が無くなったと思ったらこの様ザマス。