よしなしごと

いちセラピストの日々徒然

11/19(日) ワット・ウモーンにて①

朝8:30頃   ワット・ウモーン着。

f:id:hariruri:20180209013528j:image

事務所で手続き済ませ、隣りの建物内に移動。コチラに枕やブランケットがある。

 

扉が開く音。

 

振り仰ぎみると、わぁ!!

去年お世話になったレックさん!!

思いつきで来て良かった〜!!!

再会ハグハグ&セルフィー🤳パシャり

今年は時間がないから、一泊だけだけど思いつき万歳。

短時間の再会に感動しつつ、ブランケット等を抱え自室に向かう。

 f:id:hariruri:20180208091822j:image

 午後2:00    瞑想の説明を受ける。集った外国人達。

名前と出身国をそれぞれ云っていく。

今回日本人は私だけ。

お坊様から、「ちゃん」付けで名前を呼ばれた。

なんか、この年齢で「ちゃん」付けは気恥ずかしい(*゚▽゚*;)こそばゆい

でも、チョット嬉しく感じる(笑)

 

ファラン8人位。タイ人5人位。

外国人達だけ、ワット・ウモーン内のお山で瞑想。

去年はサンダルだったので、歩き辛かった。

今年は偶々スニーカーである。歩きやすい♪

f:id:hariruri:20180208170800j:image

山中。遺跡のような広場で、各々思いの儘、瞑想・散歩・ヨガ・お坊さんに質問。

日差しが夕陽に変わる頃、下山。

f:id:hariruri:20180208172854j:image

牛さんもいてる。ワット・ウモーンの敷地は、とてもとても広い。

 

夕方の掃除タイムが終わり、夜のダンマまでの空いた時間。

バンコクから来ている女性とお話する。

お名前、奇しくもレックさん。

月に一度、このお寺に来るとの事。

気さくで上品なおば様だ。 

 

 

夜のダンマ。

お坊様のお話が終わり、電気が消える。

暗闇。静寂。半眼。蝋燭の灯り。ぼんやり浮かぶ御本尊。

湧きあがる感情の残滓。時折訪れる思考の空白。

 

たった一泊だけなので、長い時間ホールに残っていた。

 

瞑想に入る為の準備。

凡人なので、日常の場面でスイッチを切り替えるのは困難だ。

装置としての役割を考えると、こういった施設はうってつけ。

簡単に云っちゃうと、暗示にかかりやすく単純な自分w

 

 

ホールから出て、境内で歩く瞑想。

 

裸足が心地良い、と感じる。

小石を踏んだ、と感じる。

蚊に喰われて痒い、と感じる。

左上腕を掻こうと、と思う。

右手を上げる。左上腕を掻く。右手を下ろす。

そろそろ部屋に帰ろう、と思う。